新型コロナウイルスの検査殺到で医療体制崩壊の危機を避けるべく川崎市健康安全研究所・岡部信彦所長が提言!「医療をきちんと支え、冷静な対処が必要」~2.18共同会派「新型コロナウイルス合同対策本部会議」 2020.2.18

記事公開日:2020.2.18取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年2月18日(火)8時30分より東京都千代田区の衆議院第一議員会館にて、共同会派による「新型コロナウイルス合同対策本部会議」が開かれ、新型コロナウィルス感染の対策について川崎市健康安全研究所・岡部信彦所長が解説した。その後、新型コロナウィルス感染の現状と対策について、関係省庁よりヒアリングが行われた。

■ハイライト

  • 議題
  • 1. 新型コロナウィルス感染の対策について、川崎市健康安全研究所・岡部信彦所長よりヒアリング
  • 2. 新型コロナウィルス感染の現状と対策について、内閣官房、外務省、厚生労働省、法務省よりヒアリング
  • 3. 議員間討議(非公開)
  • 日時 2020年2月18日(火)8:30~
  • 場所 衆議院第一議員会館(東京都千代田区)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です