リアルタイム線量測定システム「適正化」と言う名の間引き!?「納得できない!」福島県内で高まる不安の声を受け「モニタリングポストの継続配置を求める市民の会」が原子力規制庁交渉 2019.6.17

記事公開日:2019.6.18取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年6月17日(月)13時30分より、東京都千代田区の参議院議員会館にて「モニタリングポストの継続配置を求める市民の会」第4回原子力規制庁交渉が行われた。原子力規制委員会が発表したリアルタイム線量計の撤去方針「変更」を受け、「廃炉まで国の責任で配置すべき」との市民の会の主張を引き続き要請する交渉となった。

■ハイライト

  • タイトル 「モニタリングポストの継続配置を求める市民の会」第4回原子力規制庁交渉~ リアルタイム線量計の撤去方針「変更」を受けて
  • 日時 2019年6月17日(月)13:30〜15:30
  • 場所 参議院議員会館(東京都千代田区
  • 主催 モニタリングポストの継続配置を求める市民の会(詳細

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です