「戦後国体」は「尊米攘夷」!? 戦後の対米従属の構造は戦前の天皇制支配から引き継がれた!?~5.16岩上安身による京都精華大学人文学部専任講師・白井聡氏インタビュー 2019.5.16

記事公開日:2019.5.16取材地: 動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

ぜひ、IWJ存続のため会員登録でのご支援をよろしくお願いいたします。
会員登録はこちらから→ https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 2019年5月16日(木)14時より東京都港区のIWJ事務所にて、岩上安身による京都精華大学人文学部専任講師・白井聡氏インタビューが行われた。

■ハイライト

  • 日時 2019年5月16日(木)14:00〜
  • 場所 IWJ事務所(東京都港区)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)

関連記事

「「戦後国体」は「尊米攘夷」!? 戦後の対米従属の構造は戦前の天皇制支配から引き継がれた!?~5.16岩上安身による京都精華大学人文学部専任講師・白井聡氏インタビュー」への1件のフィードバック

  1. サポート会員NO.6134 より:

    2011年の福島第一原発事故がきっかけでそれまで購読していた新聞の契約を解除しました。解除した理由はそれまで新聞テレビは国民に真実を伝える社会の公器だと考えていましたが、それが大変な誤解だと分かったからです。その後インターネットや本等で
    どうしたら我々庶民が信実を知ることが出来るのだろうと試行錯誤しているときに
    IWJに出会いました。正に明かりもなしに大海原に放り出されて途方にくれている時
    に遠くに灯台の明かりを見つけたのです。今やIWJは私にとってキリスト教徒にとっての聖書と同様です。私のまわりの人間にもIWJの会員になることを勧めています。
    創価学会会員の勧誘のような強引なやりかたではなく、無料で閲覧できるダイジェスト版を視るように勧めています。やはり他人から強制されるのではなく自らの判断で行動してもらいたいからです。岩上さんをはじめスタッフの皆さん、お身体に気を付けて今まで同様私たち庶民の良き灯台であり続けて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です