「安倍首相が日本の民主主義と沖縄の環境を破壊する前に、ただちに権力の座から引きずり降ろしてください」辺野古基地建設反対の国際的な署名運動の提唱者、ロバート・カジワラ氏へIWJが独占インタビュー! 2019.2.2

記事公開日:2019.2.2 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(文:尾内達也 協力:小野坂元 文責:岩上安身)

特集 辺野古

 昨年の12月19日以降、たびたび、お伝えしてきた日系4世でハワイ在住のミュージシャン、ロバート・カジワラ氏が始めた辺野古新基地建設反対の国際署名運動が、国内外で大きな広がりを獲得し、2月1日現在で21万筆を超えた。署名運動開始時の目標10万筆を2倍以上も上回る署名数である。

▲ロバート・カジワラ氏(ツイッターのプロフィールより)

 ロバート・カジワラ氏は、1月21日、ホワイトハウスから正式な連絡があったことをツイッターで述べている。それによると、ホワイトハウスは現在、慎重にカジワラ氏のメッセージを検討しているという。

 また、カジワラ氏はホワイトハウスから届いたメールをスクリーンショットで紹介している。

▲ホワイトハウスからロバート・カジワラ氏へ届いた連絡

 このホワイトハウスの返信は、慎重にメッセージを検討中だとしているが、その後、3行にわたって、「トランプ大統領は、米国の力は米国人民の精神と、知ろうとする意志、関与しようとする意志に存在すると考えている」と述べている。このWE the PEOPLE制度を立ち上げたオバマ前大統領がこの一文の主語なら、まだ、一定の説得力があるが、真実をフェイクとし、フェイクを真実と言い張るトランプ大統領では、逆説的な教訓のように響いてしまう。それでも、制度さえ民主的であれば、運用者が独裁的であっても、世界の21万人が注目しているために、米国の統治権力に一定の圧力をかけることができるだろう。

 IWJでは、このタイミング(2019年1月14日)にロバート・カジワラ氏にメールによる独占インタビューを試み、辺野古新基地建設反対運動やローラさんへのバッシング、軍事基地と戦争の関係、今後の活動などについてお話をうかがった。

記事目次

ロバート・カジワラ氏への独占インタビュー! 「私は沖縄の全基地が閉鎖されることを望みます」

IWJの質問その1
 最初に、ロバートさんは沖縄にルーツを持っているとうかがっています。父祖の地への想いと、この請願署名運動の動機について教えてください。

First, I hear you have your origins in the Okinawa islands. Let me know your thoughts about the father lands and the motivations behind the petition movement.

ロバート・カジワラさんの回答その1
 次のビデオがお答えになると思います。
https://www.youtube.com/watch?v=aoGr-DT7GCM

(以下、質問の答えに相当する部分の日本語訳)

 私はウチナンチュー4世、つまり沖縄人4世です。ハワイ在住です。沖縄との関わりについては、ハワイのウチナンチュー・コミュニティーの結束は非常に強く、小さいときからウチナンチュー・コミュニティーの一員でした。私はハワイで4世代目になります。

 祖父母は、ハワイのウチナンチュー・フェスティバルなどのイベントにいつも連れて行ってくれました。私の偉大な祖父母は中城村字泊出身です。祖父がハワイに移住したのは1907年でした。日本が沖縄を併合して沖縄はすべてを失い非常に貧しくなったからです。祖父はハワイへ移住する機会を得て、より良い生活を手に入れ沖縄の家族に仕送りをしようと考えたのです。祖母も中城村字泊の出身です。後に祖父の後を追ってハワイへ渡りました。

 祖父母も父母も、子どもの頃、私にウチナンチューの文化とアイデンティティについて、いつも語ってくれました。後年、ハワイ大学の沖縄研究センターでウチナンチューの文化と歴史を学びました。ですから、私は常に沖縄の歴史と文化に関心を寄せています。

 昨年は、中城村の海外移住者の子孫のための研修プログラムに参加し沖縄の歴史と文化と言語を学びました。研修を終了して、ハワイと沖縄の間の文化交流大使になりました。沖縄の歴史と文化を学び、独立国家だった琉球がいかに日本の侵略を受けてきたかを知りました。

 1879年に沖縄は日本に併合され、1609年には薩摩の侵攻を受けています。私は琉球の輝かしい過去を知っています。日本人がさまざまにウチナンチューを抑圧してきたことも知っています。また1945年以降の軍事の歴史も知っています。ここ数年は、辺野古の状況を詳しくフォローしてきました。とても懸念しています。沖縄にいるときには、辺野古に出向いて抗議行動に参加しました。私は抗議行動を行っている人々を大変尊敬しています。とりわけ、年長の抗議者たちは、長い間多くの犠牲を払って沖縄を守ろうとしてきました。

 こうした理由で、沖縄の人々、とりわけ辺野古で抗議行動する人々を助け、大浦湾とその環境を守る請願署名運動を始めたのです。私は安倍晋三首相の指導する日本政府をまったく信用していません。安倍首相は多くの犯罪、非合法な行動を沖縄の人々に対して行ってきました。とりわけ、民主的に選ばれた沖縄県政府に対してです。日本政府は沖縄県の言うことにまったく耳を貸しません。日本政府は工事の日程を強硬に沖縄の人々に押しつけてくるだけです。これは民主主義ではありません。

 私の意見では、安倍首相は民主的なリーダーではありません。犯罪者であり独裁者だと思います。安倍首相が日本の民主主義と沖縄の環境を破壊する前に、ただちに日本の人々は安倍首相を権力の座から引きずり降ろしてほしいと思います。

For this question, I think this video I made can answer it:
https://www.youtube.com/watch?v=aoGr-DT7GCM

※ウチナンチューとは「沖縄の人」の意味。ヤマトンチュー(本土の人)と対比的によく使われる。

IWJの質問その2
 署名数は加速的に増え、1月11日現在、206,944筆に到達しました。これは主にブライアン・メイ氏のようなビッグネームやローラさんのようなスターが署名を呼びかけてくれたおかげです。しかし、世界の多くの人々は、この辺野古新基地建設問題について知らないと思います。言い換えれば、この問題を世界が知れば、その不合理も広く認識されるでしょう。あなたはこの問題を世界に可視化する条件を作りました。この署名の数とその意味についてどのようにお考えですか。

The number of the signatures has increased faster and faster to reach 206,944 on 11th January. This is mainly because big names and stars like Brain May and Rola, a young popular girl in Japan called for signing it. However, I think, many people in the world couldn’t know the matter. In other words, as it was informed to the world, its irrationality could be also widely acknowledged. You made a condition for visualizing it to the world. What do you think of the number of the signatures and its meanings?

ロバート・カジワラさんの回答その2
 20万筆を超える署名が集まって嬉しいですが、埋め立てはまだ止まっていません。ですから最終的には工事を止めることができるように、できるだけ多くの署名を集めようと考えています。特に、多くの沖縄人はインターネットを使っていないので、まだ署名していません。さらに、米国の一般市民は、まだほとんどが、この問題に気づいていません。ですから、一人でも多くの米国人が請願書に署名してくれることを心から望みます。それが米国政府への圧力になって建設中止に追い込むことができるだろうからです。

While I am happy that we have achieved over 200,000 signatures, the landfill still has not stopped, so we are trying to get as many signatures as possible so that the construction can be finally stopped. In particular, I think many Okinawan have not yet signed because many do not use the internet. Additionally, the U.S. general public is still largely unaware of the situation. So I really wish more Americans would sign the petition, because it would put pressure on the U.S. government to stop the construction.

IWJの質問その3
 カジワラさんは、請願書で基地建設反対の理由に大浦湾の生態系を挙げています。この点にはもちろん賛成です。世界の幅広い支持を得たのもこれが理由でしょう。それだけでなく、辺野古新基地の建設は地域の生態系を破壊するばかりか、将来、海外の人々の日常生活のための社会システムにも害をなす可能性があります。事実、ベトナム戦争では、嘉手納基地から飛び立ったB52が北部の爆撃を行い、三沢基地から飛び立ったF16戦闘機が、湾岸戦争でもイラク戦争でもバクダッドの上空に飛来しました。軍事基地は大量殺戮システムの重要な一部です。ハワード・ジンが述べているように、良い戦争は存在しません。したがって、反基地運動は反戦運動と密接に関連すべきです。軍事基地と戦争との関連についてお考えをお聞かせください。

You describe Oura Bay’s ecosystem as the reason for the objection against its construction on the petition. This is indeed agreeable and maybe its broad endorsement in the world rests on it. Moreover, the construction of a new base in Henoko not only destroys the ecosystem in the local area but also could harm the social system for people’severyday life in abroad in the future. Actually, B52 strategic bombers from Kadena base in Okinawa bombed the northern areas in Vietnam in the Vietnam War. F16 fighters from Misawa base in Aomori prefecture flied to Baghdad in both Gulf War and Iraq War. The military base is an important part of the system for massacre. As Howard Zinn noted,there are no good wars. Therefore, no-base movement should be closely intertwined with no-war movement. Let me see your thoughts about the relationship between military bases and wars.

ロバート・カジワラさんの回答その3
 はい、そのとおりです。環境は辺野古基地反対の重要な理由の一つですが、戦争や軍国主義への嫌悪など、他にも多くの理由があります。はっきり思うのは、外国の軍事基地があってもだれも安全ではないということです。それどころか、実際には市民を危険に晒すのです。外国の軍事基地は、ちょうど、昨年ハワイであったミサイル警報の誤報のように、地域の市民を米国の敵の標的にします。こうした軍事基地はアジアの緊張を高めます。米国も日本も基地を撤廃して、中国と北朝鮮と平和で友好的な関係を築き上げるべきです。さらにまた、米軍基地は、女性や子供に対する暴力犯罪など、沖縄市民に対する多くの犯罪の原因となっています。それだけではありません。軍用機が沖縄で頻繁に事故を起こし、沖縄市民を危険に晒しています。ですから、沖縄の軍事基地は何重にも極めて危険なのです。私は沖縄の全基地が閉鎖されることを望みます。

Yes, I agree. While the environment is a significant reason behind the opposition to the base at Henoko, there are many other reasons as well, including an aversion to war and militarism. I definitely think foreign military bases do not keep anyone safe, but actually put people in danger. Foreign military bases make local peoples a target for attack from America’s enemies, similar to the false missile alert we had in Hawaii last year. These bases heighten tensions in Asia. I think both America and Japan should remove the bases and seek to form more peaceful, friendly relations with China and North Korea.Additionally, U.S. foreign bases also cause a lot of crime against local peoples, including violent crime against women and children.Plus, U.S. military aircraft are frequently having accidents in Okinawa, putting the Okinawan people in danger. So yes the military bases in Okinawa are very dangerous in numerous ways, and I hope they will all be closed.

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページよりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録

関連記事

「「安倍首相が日本の民主主義と沖縄の環境を破壊する前に、ただちに権力の座から引きずり降ろしてください」辺野古基地建設反対の国際的な署名運動の提唱者、ロバート・カジワラ氏へIWJが独占インタビュー!」への3件のフィードバック

  1. 鈴木波江 より:

    署名をしたいのです。知人にも呼びかけたいです。
    方法を教えてください.

  2. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    心ある日本人に向けた𠮟咤激励。受け取りました。

    「安倍首相が日本の民主主義と沖縄の環境を破壊する前に、ただちに権力の座から引きずり降ろしてください」辺野古基地建設反対の国際的な署名運動の提唱者、ロバート・カジワラ氏へIWJが独占インタビュー! https://iwj.co.jp/wj/open/archives/441100 … @iwakamiyasumi
    https://twitter.com/55kurosuke/status/1091852831013785600

  3. 大城 節子 より:

    みんなで投票に行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です