「健康被害が無いなんて、大ウソですよ !! 」「風評被害じゃない!実害が出る !! 」反対論が圧倒~8.31トリチウムを含む処理水の取扱いに関する説明、公聴会(東京会場) 2018.8.31

記事公開日:2019.1.4取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年8月31日(金)15時半より東京都千代田区のイイノホールにて、福島第一原発・汚染水タンク撤去後の放射性物質トリチウムを含む処理水の取扱いに関する説明・公聴会と主催委員長による囲み会見が行われた。

■ハイライト

  • 事務局からの検討状況等についての説明
  • 意見表明 江口工氏(個人)/太田健一氏(個人)/大野光一氏(個人)/笠井健二氏(個人)/阪上武氏(原子力規制を監視する市民の会)/菅波完氏(高木仁三郎市民科学基金)/戸井田良晴氏(個人)/時田孝二氏(放射能測定センター)/西尾正道氏(個人)/温品惇一氏(個人)/伴英幸氏(原子力資料情報室)/細川弘明氏(原子力市民委員会)/満田夏花氏(FoE Japan)/三原翠氏(個人)/山田清彦氏(個人)/山田耕作氏(個人)
  • 囲み会見 山本一良氏(多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会委員長、名古屋学芸大学副学長、名古屋大学名誉教授)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です