「道理と正義は、私たちの側にある!」 翁長雄志沖縄県知事の辺野古埋め立て承認撤回表明を受け、沖縄県庁前で緊急集会! 2018.7.27

記事公開日:2018.7.27取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材:IWJ沖縄中継市民 文:花山格章)

特集 辺野古
※2018年10月19日テキストを追加しました。

 「待ちに待った、埋め立て承認撤回!」

 糸数慶子参議院議員(会派「沖縄の風」)は、2018年7月27日、翁長雄志沖縄県知事が発表した、辺野古埋め立て承認撤回の判断を受けて、こう歓迎の言葉を表明した。その上で、「たいへん重い決断。県民をあげて知事を支え、世論に訴えて、何としても辺野古に新しい基地を造らせない」と述べた。

 この日午前、沖縄県の翁長知事が「辺野古新基地海域の埋め立て承認を撤回する」との記者会見をしたことを受け、同日午後12時過ぎより、那覇市の沖縄県庁前県民広場で、知事を支援するオール沖縄会議による、「翁長雄志沖縄県知事を支える緊急集会 ~辺野古埋め立て承認の撤回に関する記者会見を受けて~」が開かれた。

▲スピーチをする糸数慶子参議院議員(2018年7月27日、IWJ撮影)

 親川敬(おやかわけい)沖縄県議会議員(会派「おきなわ」)は、「知事の決断は県民の思いが結集した結果だ」とし、「安倍政権はただちに工事を中止し、辺野古新基地建設を断念すべきである。安倍政権は県民に寄り添うと言いながら、何ひとつ、県民との約束を実現させていない」と政権を批判した。

 渡久地修(とぐちおさむ)沖縄県議会議員(日本共産党)は、「知事は、記者会見で朝鮮半島の劇的な平和の動きにも触れて、『新基地建設の根拠がなくなった』とまで言った。そういう意味で、私たちの側に道理と正義がある」と力説した。

記事目次

  • 待ちに待った埋め立て承認撤回。これからは県民をあげて知事を支え、何としても辺野古に基地を造らせない!
  • 「今こそ県民が心をひとつに」と呼びかけた翁長知事。「安倍政権はただちに工事を中止し、辺野古新基地建設を断念すべき!

■全編動画

2分〜 高良氏挨拶/4分〜 赤嶺衆議院議員/7分~糸数参議院議員/10分〜 県議会会派から/18分〜 集会アピール/22分〜 高里氏
  • 開会挨拶 高良鉄美氏(オール沖縄会議共同代表、琉球大学教授)
  • 国会議員から 赤嶺政賢氏(衆議院議員、日本共産党)/糸数慶子氏(参議院議員、沖縄の風)
  • 県議会会派から 照屋大河氏(沖縄県議会議員、社民・社大・結連合)/親川敬氏(沖縄県議会議員、おきなわ)/渡久地修氏(沖縄県議会議員、日本共産党)
  • 集会アピール提案・採択/団結がんばろう 高里鈴代氏(オール沖縄会議共同代表)
  • タイトル 翁長雄志 沖縄県知事を支える緊急集会 ~辺野古埋め立て承認の撤回に関する記者会見を受けて(那覇市)
  • 日時 2018年7月27日(金)12:15〜
  • 場所 沖縄県庁前県民広場(沖縄県那覇市)
  • 主催 辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議詳細、Twitter)

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページよりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録

関連記事

「「道理と正義は、私たちの側にある!」 翁長雄志沖縄県知事の辺野古埋め立て承認撤回表明を受け、沖縄県庁前で緊急集会!」への1件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    翁長雄志・沖縄県知事を支える緊急集会 ~辺野古埋め立て承認の撤回に関する記者会見を受けて(那覇市) https://iwj.co.jp/wj/open/archives/428428 … @iwakamiyasumi
    苦難の歴史がいまも続く沖縄だが、平和を望む希望の灯は決して消えていない。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/1023141544293879808

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です