なぜ「水爆の絵」は「夕日の絵」に見えてしまうのか?東大教授・安冨歩氏と画家・与那覇大智氏がその問いを暴く!~安冨歩絵画個展5.20トークセッション 2018.5.20

記事公開日:2018.6.3取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年5月20日(日)14時より埼玉県比企郡滑川町の古民家ギャラリーかぐやにて、「安冨歩 展 ―東大教授の異常な愛情―『私は如何にして心配するのを止めて馬に頼るようになったか』と題し、安冨歩 東京大学東洋文化研究所教授と画家の与那覇大智氏のトークセッションが行われた。

■ハイライト

  • 登壇 安冨歩氏(東京大学東洋文化研究所教授)/与那覇大智氏(画家)
  • タイトル 安冨歩 展 ―東大教授の異常な愛情―「私は如何にして心配するのを止めて馬に頼るようになったか」安冨歩・与那覇大智 トークセッション
  • 日時 2018年5月20日(日)14:00〜
  • 場所 古民家ギャラリーかぐや(埼玉県滑川町)
  • 告知 古民家ギャラリーかぐやサイト展覧会告知

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です