「内心によって犯罪になるのかならないのかというのが分かれ道に!」日本共産党・大山とも子都議が東京都迷惑防止条例「改悪」の問題点を指摘!~迷惑防止条例改定案について都議とともに考えるつどい・会派要請 2018.3.27

記事公開日:2018.3.27取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年3月27日(火) 10時半より東京都新宿区の都議会議事堂にて、東京地評、自由法曹団東京支部、救援会都本部の呼びかけにより、迷惑防止条例改定案について都議とともに考えるつどい・会派要請が行われた。

■ハイライト

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

「「内心によって犯罪になるのかならないのかというのが分かれ道に!」日本共産党・大山とも子都議が東京都迷惑防止条例「改悪」の問題点を指摘!~迷惑防止条例改定案について都議とともに考えるつどい・会派要請」への1件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    「内心によって犯罪になるのかならないのかというのが分かれ道に!」日本共産党・大山とも子都議が東京都迷惑防止条例「改悪」の問題点を指摘!~迷惑防止条例改定案について都議とともに考えるつどい・会派要請 https://iwj.co.jp/wj/open/archives/416092 … @iwakamiyasumi
    「人の心を縛る」、それがこの条例の本質だ。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/978907675801956353

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です