「敵基地攻撃兵器導入は憲法9条改悪に等しい!」武器輸出反対ネットワーク・杉原浩司代表――平和に対して強いコミットメントを持ち、一体的に論理と価値をつなぎ合わせていく~緊急院内集会 2018.3.6

記事公開日:2018.3.6取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年3月6日(火)11時半より、東京都千代田区の衆議院第一議員会館にて、「『専守防衛』を投げ捨て、歯止めなき軍拡に道ひらく敵基地攻撃兵器の導入に反対する緊急院内集会」が開催され、学習院大学教授の青井未帆氏らが講演を行った。主催は、武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)。

■ハイライト

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

「「敵基地攻撃兵器導入は憲法9条改悪に等しい!」武器輸出反対ネットワーク・杉原浩司代表――平和に対して強いコミットメントを持ち、一体的に論理と価値をつなぎ合わせていく~緊急院内集会」への1件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    「敵基地攻撃兵器導入は憲法9条改悪に等しい!」武器輸出反対ネットワーク・杉原浩司代表――平和に対して強いコミットメントを持ち、一体的に論理と価値をつなぎ合わせていく~緊急院内集会 https://iwj.co.jp/wj/open/archives/414038 … @iwakamiyasumi
    たかが一内閣によって、有名無実化すされてしまう「平和国家」の冠。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/971141915260289024

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です