野放しにされていた路上のヘイトスピーチが、ついに一線を超え、朝鮮総連本部への銃撃にまでエスカレート!容疑者は「鶴橋大虐殺」を叫んだ少女の父親と安田浩一氏が証言!「ヘイトスピーチとヘイトクライムは地続きである」! 2018.2.24

記事公開日:2018.2.24 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文:IWJ編集部)

 東京都千代田区富士見にある在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部で、23日午前3時50分ごろ、右翼の活動家と見られる男ら2人が鉄製の門扉に向かって拳銃のようなものを発射した。2人は警戒中の警視庁機動隊員によってその場で取り押さえられ、建造物損壊容疑で現行犯逮捕された。けが人はいなかった。

▲在日本朝鮮人総聯合会中央本部(wikipediaより)

 逮捕されたのは右翼活動家で職業不詳の桂田智司(56)=横浜市栄区桂町=、右翼関係者で職業不詳の川村能教(よしなり)(46)=同=の両容疑者。2人はワンボックスカーに同乗して総連の門扉前に乗り付け、助手席側の川村容疑者が車内から数メートル離れた門扉に数発を発砲した。駆けつけた機動隊員に対し、2人は声を上げることもなく、自分から車を降りてきたとのことで、容疑を認めているという。事件に使用されたと見られる回転式拳銃のようなものが1丁、現場で発見されており、同庁公安部では銃刀法違反の疑いでも調べる方針だ。

 今のところ2人の犯行動機などはわかっていない。桂田容疑者は昨年まで右翼団体に所属していたとされ、たびたび総連を訪れ、北朝鮮の動向をめぐって抗議していたという。

 同事件を受けてIWJは、ヘイトデモやヘイトスピーチについて取材を続けているジャーナリストの安田浩一氏にコメントを求めた。

記事目次

ヘイトスピーチにとどまっていた人物が、拳銃で発砲というきわめて危険な凶行にエスカレート~「一線を越えることが予測されていながら効果的取り締まり・規制ができていなかった」安田氏が指摘

 容疑者の一人、桂田智司は在日特権を許さない市民の会(在特会)の元会長、桜井誠氏と一緒に排外デモに参加、京都朝鮮学校襲撃事件を起こした人物とも交友関係にあり、民族派右翼やネトウヨの間では名が知られている。

 犯行後、ネット上では桂田容疑者の行為を支持したり、発砲事件を「義挙」とする声が相次いだが、そうした声のほとんどは排外デモの常連メンバーである。さらに、2013年2月に大阪・鶴橋の路上で「(在日朝鮮人が)にくくてたまらない。殺してやりたい」、「南京大虐殺ではなく『鶴橋大虐殺』を実行しますよ」と叫んでいた女子中学生の父親が桂田であることも明らかになっている。

 この中学生女子の父親が桂田であるかどうかについて、安田氏はIWJの取材に対し、「間違いない事実。鶴橋大虐殺を叫んだ事件の後に、週刊文春の取材で僕は桂田に電話している。娘の発言をどう思うのか聞いた。電話の中でのやりとりでは『まったく悪いと思ってない』と。『むしろ、当然のことだ』といったようなことを電話で答えたと記憶していますし、そのことを記事にしました」と答えている。

 ヘイトスピーチの段階にとどまっていた人物が、拳銃で発砲するという、きわめて危険な凶行にエスカレートしたことになる。実際に拳銃が発砲された今回の事件について、安田氏は「起こるべくして起きた事件ではないか。ヘイトクライムの前段階であるヘイトスピーチでは、他者に対する『死ね』、『殺せ』といった殺戮を支持する言葉が飛び交っていた。(ことばだけにとどまらず)一線を越えることが十分に予測されていながら、ヘイトスピーチへの効果的な取り締まりや規制ができていなかったのは大きな問題だ」と指摘する。

▲ジャーナリストの安田浩一氏

(※)京都朝鮮学校公園占用抗議事件(きょうとちょうせんがっこうこうえんせんようこうぎじけん)は、日本の右派系市民団体「在日特権を許さない市民の会」(在特会)・「主権回復を目指す会」(主権会)・「チーム関西」に所属する活動家らが、京都朝鮮第一初級学校(以下「初級学校」と表記)による勧進橋児童公園の不正占用に抗議するとして、2009年(平成21年)12月4日に同校校門前で抗議街宣活動を行い、抗議者側が威力業務妨害罪、朝鮮学校側が都市公園法違反に問われた事件。

 安田浩一によると2009年までは特に地域住民から市への苦情などは寄せられていなかったとされるが、SAPIOの2014年6月号の記事によると、朝鮮学校に占有されていたために公園に近づけない、朝鮮学校の人間に公園から追い出されたといった複数の住民の証言がある。2009年2月に阪神高速道路の延伸工事に伴って公園の面積が大幅に縮小されて以降は公園の使用に関するトラブルが増加し、事件前の2010年8月27日の時点では近隣住民から朝鮮学校の公園使用について京都市へ苦情が寄せられるようになっていたという。抗議者側を批判する立場からは京都朝鮮学校襲撃事件と呼ばれる。 (wikipediaより抜粋)

 また、拳銃の入手ルートについて安田氏は「桂田自身が拳銃を持っていたかどうかはまだ確かではないが、もう一人の容疑者、川村能教の周囲には右翼団体などの存在が確認されているので、そうしたルートから拳銃を仕入れただろうことは推測できる」と語った。

「もしかしたら自分たちの命が狙われるかもしれないという人たちがいるのに、ヘイトスピーチを放置、容認してきたに等しい」

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページよりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です