沖縄県名護市長選の敗北を受け立憲民主党はどうするのか。IWJ記者の質問に福山哲郎幹事長「沖縄県連を早く立ちあげたい」――立憲民主党 福山哲郎幹事長 定例会見 2018.2.6

記事公開日:2018.2.6取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文 阿部洋地)

※2月9日、リードを追記しました。

 「今年は11月に沖縄県知事選もあるが、沖縄県名護市長選の敗北を受け、『オール沖縄』の立て直しをどう考えているか」――。

 2016年2月6日に衆議院本館で行われた立憲民主党・福山哲郎幹事長の定例会見でIWJ記者が直撃質問すると、福山氏は「(名護市長選の)結果は結果ですから、重く受け止める」と述べ、以下のように語った。

 「今回、初めて(立憲民主党は稲嶺進氏を)支持すると決めた。沖縄県連も立ちあがる前であり、翁長知事がどのようなかたちで沖縄県知事選に臨まれるかも、まだ我々は把握をしていない。沖縄県連をいち早く立ちあげること、検証委員会(辺野古新基地移設方針に関する再検証委員会)を動かしていくこと等を進めることが大事。その推移の中で状況に応じて判断をしていきたい」

 またFACTAの記者から、名護市長選に敗北したことに対する危機感を問われ、福山氏は「名護市長選で敗戦したことは小さいことではない。しかし一方で、沖縄県民のみなさんの不安や不満や怒りは、選挙結果に表れただけではないと思う。沖縄県全体の中の総意がどういう状況かについては、まだはっきりとしてないと考えている」と答えた。

■ハイライト

  • 日時 2018年2月6日(火)16:15~
  • 場所 衆議院本館(東京都千代田区)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です