伊方原発3号機の運転差し止め仮処分決定について原子力規制委・更田豊志委員長「訴訟に直接コメントする立場にない」「科学的技術的な知見、理解にもとづいて私たちの責任を果たしていく」~定例会見で 2017.12.13

記事公開日:2017.12.13取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年12月13日(水) 14時半より東京都港区の原子力規制庁にて、原子力規制委員会更田豊志委員長 定例会見が開かれた。

■全編動画

  • 日時 2017年12月13日(水) 14:30~
  • 場所 原子力規制庁(東京都港区)

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

“伊方原発3号機の運転差し止め仮処分決定について原子力規制委・更田豊志委員長「訴訟に直接コメントする立場にない」「科学的技術的な知見、理解にもとづいて私たちの責任を果たしていく」~定例会見で” への 1 件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    伊方原発3号機の運転差し止め仮処分決定について原子力規制委・更田豊志委員長「訴訟に直接コメントする立場にない」「科学的技術的な知見、理解にもとづいて私たちの責任を果たしていく」 https://iwj.co.jp/wj/open/archives/407547 … @iwakamiyasumi
    規制委が「非科学的」だから住民が立ち上がったのだ。真面目にやれ。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/940869967305760769

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です