「近畿財務局が事前に『故意』に価格交渉したことは充分、背任罪に当たる」〜幕引きを許さない市民の会の醍醐聰・東大名誉教授が指摘!立憲民主党・森友・加計学園問題PT第8回会合で 2017.12.8

記事公開日:2017.12.9取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年12月8日(金)10時より東京都千代田区の衆議院第一議員会館にて、立憲民主党 森友・加計学園問題PT(第8回)が行われた。

■ハイライト

  • 内容
    会計検査院報告の問題点・刑事告発、罷免署名など市民運動の現況について等
    登壇者 醍醐總氏(東京大学名誉教授、森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会共同代表)
  • タイトル 立憲民主党 森友・加計学園問題PT(第8回)
  • 日時 2017年12月8日(金)10:00〜
  • 場所 衆議院第一議員会館(東京都千代田区

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です