【岩上安身のツイ録】核戦争の危機が迫っている時に国営放送が相撲取りの喧嘩でニュースのトップを潰すような時代、「IWJが必要だ」という方、「岩上安身が倒れた後は私が背負う」という方、財政難のIWJにどうぞお力を貸してください!! 2017.12.4

記事公開日:2017.12.4 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

 先日、40歳前後のテキスト班志望の方と面接した。個人情報なので具体的には書かないが大手メディアを経験し、まさに油の乗り切っている年頃。うちに来てくれるならばありがたいと思ったが、他にも志望していて迷っているという。

 他の社からも声がかかっている、と隠さずに話してくれたので、こちらも、うちに何か不安があれば遠慮なく聞いてくださいと言ったところ、どストレートな質問が返ってきた。

 「岩上さんが死んだらIWJどうなるんですか? 岩上さんがいつまで生きているかわからないので、不安です」。さすがに真正面から真面目な顔でこんな直球の質問を投げかけられると思ってなかったので面食らった。

 「僕もいつかはリタイアしますが、それまでに後継者に育ってもらいたいと思います。あなたでも、できるならばなってもらいたい。そんなつもりで頑張ってもらいたい」と答えましたが、外部から見ると僕が相当死にかけに見えるのだなあと再認識。

 心臓の冠動脈が痙攣する攣縮という狭心症の発作で倒れたり、慢性の自律神経失調症(睡眠障害)でヘロヘロよたよたの私ですが、まだまだイケると内心自負しております。しかし時間に限りはあるので、ぜひ、僕が死んで手遅れになる前に、後継者になれる方、現れてください。

 長生きして仕事を続けるためには、休むべきとは休み、慎重にスローダウンしていく必要があるが、あいにく目前の現実が許してくれません。8月から始まった今期、11月末で4ヶ月、すでに一年の3分の1が経過していますが、累積赤字が約一千万円。おちおち安眠できません。

 長生きのためには週に2日は完全なオフを取らないと、という主治医の言いつけに背くことになりますが、この師走12月は猛烈赤字巻き返し爆走ロード!と個人的に位置付け、ぶっちぎりインタビューの連続で他メディアの追随を許さず、というところをお見せしたいところを思います。

 お伝えしなきゃいけないことは山ほどありますので、リミッター解除してぶっちぎりますので、皆さん、ご覧になって、よろしければ、おひねり、投げ銭、ご寄付にカンパ、よろしくお願いします。会員になって支えよう、という方も、いらしたら、ぜひ、よろしくお願いします。

 いつまで生きていられるかどうかなんて、誰にもわかりません。2015年の2月、あのような発作が、自分を突如見舞うとは予想だにもしませんでした。一回死んだかもしれない身、やれるところまでやります。

 IWJが必要だ、という方、どうぞ応援してください。存続してほしいと思う方、後継者の育成に手を貸してください。岩上安身が倒れた後も、IWJは必要だから俺が、あたしが背負う、という気概のある方、ぜひお早めにいらしてください。何事にも賞味期限がございます。

 僕個人の本音で言えば、日本(実は世界中)が本当に重大な岐路にさしかかってるときに、国営放送が相撲取りの喧嘩ネタで半月ニュースのトップを潰すような現状で、IWJが財政面で潰れたら死んでも死に切れない思いです。

 ご支援いただけるかどうかは、皆さんのお志ひとつ。我々は自力で全力を尽くし、天命を待つのみ。もう少し岩上安身を生かそう、IWJは必要だから残そうとお考えいただける方は、どうぞご支援のほど、改めてよろしくお願い申し上げます。

※2017年12月2日付けのツイートを並べて加筆し、掲載しています。

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

“【岩上安身のツイ録】核戦争の危機が迫っている時に国営放送が相撲取りの喧嘩でニュースのトップを潰すような時代、「IWJが必要だ」という方、「岩上安身が倒れた後は私が背負う」という方、財政難のIWJにどうぞお力を貸してください!!” への 2 件のフィードバック

  1. 鈴木  鎮司 より:

    本当に日本のマスメデアは、一部を除いて、ダメ 。iwjさんが、借金でお困りの
    ようです。当方年金生活者で、余りお金は、無いですが、少しですが、カンパ
    させて頂きます。

    1. 鈴木  鎮司 より:

      日本の、フリージャナリストを支援するnpoか、基金が必要な時代になってきました。
      だれか先頭に立って、やって頂きたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です