「人権を極端に抑圧した総動員体制だったのはせいぜい2年間」!? 国際政治学者・三浦瑠麗氏がマスコミに堂々デマ! 掲載元の東京新聞はIWJの直撃取材に「本紙の見解とは異なる」と回答! 2017.8.17

記事公開日:2017.8.17 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材協力・原佑介 文責・岩上安身)

 「大日本帝国が本当の意味で変調を来し、人権を極端に抑圧した総動員体制だったのは、1943(昭和18)~45年のせいぜい2年間ほどでした」

 「国際政治学者」として、テレビ朝日「朝まで生テレビ!」をはじめとするテレビ各局で引っ張りだこの三浦瑠麗氏が、8月12日付の東京新聞への取材に答えた内容があまりにひどいと批判を集めている。

戦前の総動員体制、わずか「2年間ほど」!?三浦瑠麗氏、史実を無視のメチャクチャな「持論」を展開!

▲東京新聞「考える広場」に掲載された三浦瑠麗氏インタビュー記事

 三浦氏の発言は、東京新聞の紙面「考える広場」というコーナーの中で、「今の日本社会の空気が戦前の空気に似てきているのではないか?」という趣旨のテーマに対する見解を述べたものだった。

 冒頭で引用したとおり、三浦氏は、戦前の総動員体制がわずか「2年間ほど」だったという前提に立った上で、「それ以前は、経済的に比較的恵まれ、今よりも世界的な広い視野を持った人を生み出せる、ある種の豊かな国家だったと考えています」「『今は、あの2年間に似ていますか?』と聞かれたら、私は『全然似ていない』と答えます」などと、史実をまったく踏まえないメチャクチャな「持論」を展開した。

 最後に、「台湾の李登輝・元総統を見てください。困難な状況下で骨太の政治理念を養い、民主化を主導した名指導者ですが、彼を育てたのは戦間期(第一次世界大戦と第二次大戦の間)の日本であり、戦後の日本ではないのです」と、戦前、台湾を植民地化した大日本帝国を全面的に肯定しているとする、極めて問題の多い発言で締めくくっている。

「大逆事件」「甘粕事件」、そして侵略戦争、関東大震災…枚挙にいとまがない「人権侵害」!

 東京大学政策ビジョン研究センター講師の肩書を持つ三浦氏だが、戦前の大日本帝国で極端な人権侵害が起きていたのはせいぜい太平洋戦争末期の1943年から1945年の2年間だった、などと平然と虚偽事実を述べてしまうほど、歴史に疎いのだろうか? それとも、権力に媚びを売るためには、学者としての良心の痛みなく、どんな虚偽でも口にできるのだろうか。

 大日本帝国においては、朝鮮、台湾などへの暴力的な植民地化、数々の、とりわけ満州事変(1931年)以降の大陸への間断なき侵略戦争と、その遂行のために国内で戦争末期の2年間に集中していた社会主義者や共産主義者らを筆頭とする人権侵害が次々と行なわれていた。

 1910年(明治43年)の「大逆事件」(※)や、関東大震災の時に憲兵大尉の甘粕正彦(あまかす まさひこ)らによって、伊藤野枝、6歳の甥とともに惨殺された大杉栄(甘粕事件)、さらに1933年に特高警察によって拷問の末、死に至った小林多喜二など、枚挙にいとまがない。この人権侵害は総て、1943年よりはるか昔から起き続けてきた、許されざる人権侵害事件である。

(※)大逆事件――1910年5月、各地で多数の社会主義者、無政府主義者が「明治天皇暗殺を計画した」との理由で検挙され、1911年1月、26名もの被告が死刑などに処せられた事件。そのひとつで、関与したとして絞首刑にされた幸徳秋水の名を取った「幸徳事件」を一般的に指す。なおこの暗殺計画は明治政府の捏造と言われており、幸徳も冤罪だった疑いが濃く、幸徳は審理終盤に「一人の証人調べさえもしないで判決を下そうとする暗黒な公判を恥じよ」と陳述した、と言われる。

▲大正期の代表的アナーキスト・大杉栄氏。1923年9月16日、関東大震災後の混乱の中、憲兵大尉の甘粕正彦らに殺された。

▲小説家・小林多喜二氏。1933年2月20日、党活動中に逮捕され、拷問・虐殺された。

 また、植民地化された人々への人権侵害も数限りなく起きている。大日本帝国支配下の朝鮮で1919年に起きた、3.1独立運動の大弾圧、その余波を受けて関東大震災直後の朝鮮人の大虐殺が起こった。1923年(大正12年)のことである。繰り返しいうが、これらも1943年以前のことだ。

「本当に頭がおかしいのか、全くの無知なのか、平然と事実を無視して虚言を吐ける人物なのか」

 私が8月13日に三浦氏の異常な発言について、「本当に頭がおかしいのか、全くの無知なのか、平然と事実を無視して虚言を吐ける人物なのか。三番目の可能性が最も高いとは思うが、ここまでのウソを垂れ流せる神経と何かしらの打算は常軌を逸している。こんな人物を珍重するメディアも異常である」とツイートしたところ、18日までに4000件近くもリツイートされた。

▲岩上安身のツイート

 三浦氏については、今年の5月22日に安倍総理と会食していたことが各社の首相動静で報じられている。

 時事通信社特別解説委員の田崎史郎氏を始め、安倍総理と食事を重ね、事実など二の次で安倍政権を徹底擁護する「御用ジャーナリスト」は存在するが、三浦氏も安倍政権にとって都合の良い情報を広めるためなら、事実も真実もどうでもよい「御用学者」にすぎなかった、ということだろうか。

IWJの直撃取材に東京・中日新聞側に「本紙の見解とは異なるが多様な意見の一つとして紹介した」と主張!

 もちろん、「御用学者」のデマを垂れ流しにするマスコミの責任はきわめて重いと言わなければならない。

 三浦発言を載せた東京新聞は、三浦発言に対して、紙面上で自社の責任において、何の批判も検証もエクスキューズも併載していない。そのまま垂れ流し状態で掲載している。三浦発言をうのみにする読者もいる可能性は考えなかったのだろうか。また、掲載後にも批判が殺到したはずで、各方面から寄せられた批判に真摯にこたえるべきであり、三浦発言のような明らかなデマに対しては自社として検証し、訂正の記事を載せるべきである。高畑勲氏、石田あゆう氏と、異なる意見の並列したのだから多様性が確保できた、と考えるのは、あまりに考えが甘い。

 事実の解釈をめぐっての論争ならばまだしも、事実、史実、真実そのものを捻じ曲げた発言が東大講師の肩書きや「朝生」出演者という「権威」を帯びて紙面に載ってしまう、その影響の大きさを東京新聞はどう考えているのか。また、三浦氏の発言には数々の誤りが含まれているが、批判・反論を加えることなく、三浦氏の主張をそのまま掲載するのは不適切ではないか。あるいは東京新聞として、三浦氏の歴史認識について「問題がない」と判断したのか――IWJは8月14日、東京新聞に直撃取材し、これらの疑問点を質した。

 2日後の8月16日、三浦氏のデマが掲載された「考える広場」は中日新聞の名古屋本社で製作されているとして、中日新聞名古屋本社編集局次長・土平研氏から次の回答を得た。

 「考える広場」は、現代のさまざまな問題について多様な意見を紹介し、読者に考えるためのヒントにしてもらおうという欄です。

 ご指摘の「大日本帝国が本当の意味で変調を来し、人権を極端に抑圧した総動員体制だったのは、一九四三(昭和一八)年〜四五年のせいぜい二年間ほどでした」という発言は、本紙の見解とは異なりますが、多様な意見の一つとして紹介したものです

 回答では、デマを紙面に載せることの影響力や、デマに無批判であったことについては言及を避けているが、三浦氏の歴史認識については、「本紙の見解とは異なります」と断じている。

 しかし、「多様な意見の一つとして紹介した」という開き直りはどうか。史実は史実であり、「多様な意見」によって無制限に解釈が許されるものではない。東京・中日新聞が「多様な意見の一つ」として紹介することで、「デマ」を見抜けない読者は三浦氏の主張を「事実」であると信じ込んでしまう可能性は捨てきれない。また、「ヘイトスピーチ」が「言論」ではないように、「デマ」は「意見」ではない。

 今回の東京・中日新聞に掲載された三浦氏のインタビュー記事は、安倍政権下で加速する歴史修正主義の流れに加担するものであり、真実に忠誠を誓うジャーナリズムとしては自殺行為に等しい。東京・中日新聞には、三浦氏のような人物の虚偽発言をチェックなく載せてしまった過ちを猛省するとともに、1943年以前の人権侵害の史実を読者に確実に伝える検証・訂正記事の掲載を求めたい。

▲8月16日に中日新聞から送られてきたFAXの文面

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

「「人権を極端に抑圧した総動員体制だったのはせいぜい2年間」!? 国際政治学者・三浦瑠麗氏がマスコミに堂々デマ! 掲載元の東京新聞はIWJの直撃取材に「本紙の見解とは異なる」と回答!」への3件のフィードバック

  1. イチロウ より:

    デマを流す似非学者とフェイクニュースをそのまま流すマスゴミも問題ですが、似非学者が居る東大で戦前に生起した「天皇機関説事件」をこの似非学者と東大当局は承知しているのだろうか。

    憲法学の学説を排撃し、学者自身にも凶刃を向けた狂気の時代を承知していて尚も戦前の政体と政治を擁護するのか。

    ナチスと同等の政体と政治を擁護し、戦前回帰を目指す輩は、民主主義の敵であり、糾弾の対象になるのでなければならない。 

    このままでは、戦前に美濃部達吉に代わり東大の教壇に立った似非学者のように、三浦某も、また、神話からなる国際政治のフェイクを「学問」として垂れるのか。

     

  2. あのねあのね より:

    デマを真実として動くのが安倍政権やネトウヨである。安倍晋三と会食しているということは、この女性も確信犯だろう。史実と異なるデマを真実として行動するのはイカレた宗教と同じだ。三浦もネトウヨと同じく安倍真理教の信者ということだろう。
    こういうカルト宗教の信者は、信念を持って善意で社会を本気で破壊するので、マスコミ界からの退散を願いたい。
    安倍晋三とその仲間はオウムと同じくデマを真実と考え、その間違った考えから善意で日本を破壊するカルト集団だ。オウムと違うのはアタリが柔らかいというだけ。嘘を平気で述べる詐欺師だと考えマスコミは相手にしないことである。大体、親分の安倍晋三が根っからの嘘つきではないか。
    ロフトプラスワンというトークライブハウスで、安倍晋三と闇社会の守護神と呼ばれたヤメ検弁護士が交流が有ったと聴いたことが有る。その弁護士本人が語っていて、クロサギの作者の夏原武やノンフィクションライターの森功も横で聴いていた。この場合の闇社会とは暴力団のことで、山口組のことだ。そういう人物と交流が有った安倍晋三と会食しているような人物は平気で嘘をつくのは当たり前なので、一刻も早くマスコミ界からの追放を願いたい。

  3. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    これは多様な意見ではなく、完全なデマ。東京新聞は何を考えているのか、これでは安倍政権を利するだけの結果になることがなぜ分からないのか?今からでも遅くない、訂正記事と社としての見解を出すことを強く願う。
    http://iwj.co.jp/wj/open/archives/395700 … @iwakamiyasumi
    https://twitter.com/55kurosuke/status/897935999929425921

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です