「公明党は私たち民衆に牙をむいてきた!!」信仰歴50年以上の信者までもが解党を訴える!?~「創価学会前サイレントアピール」 2017.6.18

記事公開日:2017.6.18取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年6月18日(日)13時より東京都新宿区の創価学会本部前にて、「公明・創価は初代会長を殺した国家権力への『仇』を忘れてしまったのか!? ~ 創価学会前サイレントアピール」が行われた。

■ハイライト

  • タイトル 軍部政府が権力者にとって不都合な集団を弾圧するために作られた治安維持法で初代は獄死させられた ――公明・創価は初代会長を殺した国家権力への『仇』を忘れてしまったのか!? ~「創価学会前サイレントアピール」
  • 日時 2017年6月18日(日)13:00〜14:00
  • 場所 創価学会本部前(東京都新宿区
  • 告知 元創価学会職員3名のブログ

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

「「公明党は私たち民衆に牙をむいてきた!!」信仰歴50年以上の信者までもが解党を訴える!?~「創価学会前サイレントアピール」」への1件のフィードバック

  1.  堀田 満 より:

     元来、自民党とタックを組むことになったのは、池田大作が国会において喚問されることを回避する  ために自民党にすり寄った、結果として、公明の魂を抜かれただけ。
    ミイラ取りが、ミイラになっただけ。身から出た錆。以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です