【スピーチ全文掲載!】「これが池田大作先生が思い描いた世界なのか」三宅洋平の選挙フェスで創価学会員が安倍政権と公明党に怒りのスピーチ! 2016.7.2

記事公開日:2016.7.4取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材:城石裕幸 文:青木浩文、佐々木隼也 記事構成:岩上安身)

 創価学会員の組織票は、公明党だけではなく、今や自民党の選挙戦略に欠かせないものとなっている。「平和宗教と福祉」を謳っていたはずの公明党は、いつしか自民党の補完勢力となり、その理念とはほど遠い「解釈改憲による集団的自衛権の行使容認」、「安保法制」に諸手を挙げて賛成するまでになった。そして、今や憲法改正が目前。この参院選の結果次第で、改憲の発議がなされうる。

 公明党が「自分たちは独自に加憲を考えている」言い繕おうとも、現実的に今、問われているのは、抽象的な憲法改悪の是非ではなく、「自民党の改憲草案」という、具体的な問題の是非である。

 公明党のこれまでの歩みを見ていれば、「自民党の暴走にブレーキをかける女房役」などでは決してなく、「自民党と一緒になって暴走している」伴走者に過ぎないのは明らかだ。

 そんな公明党の「暴走」に対し、これまで公明党を支持し、言われるがままに公明党候補や自民党候補に票を投じてきた創価学会員のなかで、疑問と怒りの声が起こり始めている。

 2016年7月2日、渋谷のハチ公前広場で行われた参院選東京選挙区候補・三宅洋平氏の「選挙フェス」の一幕。ステージ上に「三色旗(※)」がはためいた。「安全保障関連法に反対する創価大学・創価女子短期大学関係者有志の会」のメンバーが壇上に上がると、集まった溢れんばかりの観衆から、「頑張れ!」という声援があがった。

※創価学会の三色旗は、1988年、池田名誉会長の提案により作られた。
 三色旗に使用されている赤・ 黄・青は、創価学会では赤=勝利、黄=栄光、青=平和を象徴の意味を持っている。

創価学会公式サイト」より抜粋

 会の呼びかけ人であり、創価学会男子部のニューリーダーとして活動しているというAさんはスピーチで、「安保を批判すると地獄に落ちるぞ」と学会幹部から言われたことを明かした。宗教の名を借りた、これは明白な脅しである。信仰があるだけに、Aさんが声を上げるには、大変なプレッシャーがかかったことだろう。

曾祖母の代からの学会4世で、敬虔な学会員であるAさんが、それでも公明党の方針に実名・顔出しで声をあげたのは、「武力による自衛の行き詰まり」を説いた池田大作氏の言葉だったという。

「全国827万人世帯の学会員さんに伝えたい。自分の信仰を、自分の人生を、自分の幸せを、組織の意思だけに任せるのは終わりにしましょう」

 心の中の恐怖と戦い、勇気をふりしぼって立ったAさんの訴えに、観衆からは割れんばかりの拍手が起こり、しばらく鳴り止まなかった。以下、Aさんのスピーチ部分の動画を抽出し、全文文字起こしを掲載する。


※写真はイメージです

  • タイトル 選挙フェス〈DAY11〉(渋谷ハチ公前) ~参院選 東京選挙区 三宅洋平候補
  • 日時 2016年7月2日(土)16:30〜20:00
  • 場所 渋谷ハチ公前(東京都渋谷区)
  • 告知 三宅洋平候補サイト

「これが池田大作先生が思い描いた世界なのか」Aさんのスピーチ全文

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページよりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録

関連記事