「クリスマス間近まで国会が延長されたら選挙か」――山本太郎議員がライブトークで解散総選挙に言及!「自分が安倍さんになり代わって、いつ選挙やるかといえば『年末年始を挟んだ後』」 2016.12.3

記事公開日:2016.12.10取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文:須原拓磨)

 「クリスマス間近まで国会が延長されたら、選挙があるんじゃないか」――。

 2016年12月3日(土)、東京都内で、自由党・山本太郎参議院議員を招いたライブトーク「国会の内から見た安倍凶行政治」が行われた。山本太郎参院議員は安倍政権の選挙戦略に独自の見解を提示し、年始に解散総選挙が行われる可能性に言及した。

■ハイライト

  • タイトル 山本太郎参議院議員ライブトーク「国会の内から見た安倍凶行政治」
  • 日時 2016年12月3日(土)15:00〜17:00
  • 場所 貸し会議室プラザ八重洲北口(東京都中央区)
▲山本太郎参議院議員によるライブトークの模様

▲山本太郎参議院議員によるライブトークの模様

 IWJでは、代表の岩上安身が幾度となく山本太郎議員へインタビューを敢行しているほか、山本議員が登壇した集会などを記事化。また、国会での質疑を「国会ハイライト」としても記事化している。山本太郎議員に関するコンテンツは、以下のURLから御覧いただきたい。

※IWJが報じている山本太郎議員に関するコンテンツはこちらから

 衆議院解散総選挙について問われた山本議員は、「クリスマス間近まで(国会が)延長されたら、選挙があるんじゃないか、と。どうしてかというと、準備期間がほとんどないわけじゃないですか」と述べ、「一番準備をさせない方法で解散を打ったほうが、向こう(与党)はより、勝率があがると思うんですよね」と説明した。

 開会されている国会は現段階で12月14日まで延長されたが、臨時国会は2度の延長が認められており、現在(12月9日時点)、再延長も検討されているといわれている。再度延長されれば、山本議員が指摘する「クリスマス間近」までの再延長も十分にありえる。

▲自由党・山本太郎参議院議員

▲自由党・山本太郎参議院議員

 山本議員は、「自分が安倍さんになり代わって、『いつ選挙やりますか』となったら、野党がギリギリまで準備ができない状況に追い込みます」と述べる。

 「今国会ではTPP承認案とか年金カット(法案)とか、色々あった。『これじゃ選挙に勝てないよ』と言うかもしれないが、多くの人は年末年始で忘れます。だって、(国民の間で)TPPは騒ぎになっていませんもん」

 そのうえで山本議員は、「秋までにもっとアベノミクスの失敗みたいなものが数字で表れてくるんだったら、早めに(解散を)打ったほうが得ですよね。大丈夫です。年末年始を挟めば、大丈夫です。みんな忘れてくれます」と皮肉った。

 一時は止んだかに見えた「解散風」。もし年明け早々解散総選挙となった場合、野党がどこまで対抗できるか、現状では非常に心もとない。選挙協力をふくむ早急な準備が求められる。

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です