原子力事故の賠償について共産党・田村ともこ参議院議員「(原子力事故の)賠償なんかできっこないから国が面倒みてくれ、そういう仕組みをつくる議論が進められている!」ーー再稼働反対!首相官邸前抗議 2016.10.14

記事公開日:2016.10.14取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文:阿部洋地)

 2016年10月14日(金)、国会正門前・首相官邸前で反原連による「南海トラフ地震・津波が襲うリスク、避難計画を置去りにし再稼働に突き進む安倍政権に徹底抗議!」が行われた。

 国会正門前では日本共産党の田村智子参議院議員がスピーチし、国会で開かれた原子力事故の賠償を考える学習会の内容を報告。「結局、電力会社が(原子力事故の)賠償なんかできっこないから、『国が面倒をみてくれ』という議論がどんどん進められている。こんな経済性のまったくない原発は、日本のエネルギー政策の中にいらない!」。田村議員がこう述べると、参加者からは大きな歓声が上がった。

 主催者発表で、延べ約800人がこの日の抗議に参加した。

▲日本共産党・田村智子参議院議員

▲日本共産党・田村智子参議院議員

■ハイライト

  • 日時 2016年10月14日(金)18:30~20:00
  • 場所 首相官邸前/国会正門前(東京都千代田区
  • 呼びかけ 首都圏反原発連合

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です