「自分自身を新潟に捧げる覚悟が何より大事」――どうなる新潟県知事選!「オールにいがた平和と共生」共同代表・佐々木寛氏に聞く!「情勢は前代未聞、森民夫氏が当選すれば再稼働は時間の問題」 2016.9.30

記事公開日:2016.9.30取材地: テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(原佑介)

 柏崎刈羽原発の再稼働などの大きな争点を抱え、全国から注目が集まっている新潟県知事選。最終的には4名の新人が出馬し、前長岡市長の森民夫候補(自民、公明推薦)と米山隆一候補(共産、生活、社民推薦)を軸に、激しい選挙戦を演じている。

 民進党が自主投票を決めたことで、野党候補の選定過程は混乱を極め、一時は森候補の無投票当選もささやかれた。最終的に民進党を含む野党4党の共闘こそ実現しなかったものの、市民らの奔走もあり、どうにか舞台は整った。

 今回IWJは、「オールにいがた平和と共生」の共同代表で、米山候補を支えるという姿勢を明らかにしている、新潟国際情報大学教授・佐々木寛氏に、選挙の舞台裏とその意気込みを聞いた。

記事目次

「自分自身を新潟に捧げられる覚悟が何よりも大事」〜難航した候補者選び

▲新潟国際情報大学・佐々木寛教授(2015年9月11日環境エネルギー政策研究所 設立15周年記念シンポジウムで)

▲新潟国際情報大学・佐々木寛教授(2015年9月11日環境エネルギー政策研究所 設立15周年記念シンポジウムで)

 「市民グループとして、米山さん以外にも、色んな可能性を探ったのは事実です。特に、知事をやるうえで実力がないとだめだという観点から選んで、東京の官僚など、当たれる限り当たったのですが、結局、知事というのは新潟県生まれ新潟県育ちでないとできない仕事だな、ということがわかりました」

 佐々木教授は、「能力もさることながら、自分自身を新潟に捧げられる覚悟が何よりも大事だ」と続ける。

 「自分が立候補する意志と行政能力、身を捧げる覚悟、新潟を正しく導く考え方を持っているか、そう絞っていくと選択肢がなくなっていく。私は米山さんがベストチョイスだと思っています。ひとつの要素だけでみれば他にも候補はあがるかもしれないが、多くの要素をかけあわせていくと、米山さんしか残りませんでした」

与党推薦候補の無投票当選は「3つの不幸」を生んでいた!

 佐々木教授は、今回、もし野党候補を立てられず、有力候補が与党の自公が推薦する森民夫候補だけで事実上の「不戦勝」となってしまった場合、「3つの不幸」が生まれていたと語る。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページよりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です