シンポジウム「島嶼防衛と離島への自衛隊配備を問う」(沖縄大学) 2016.7.2

記事公開日:2016.7.2取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年7月2日(土)、沖縄県那覇市の沖縄大学にて、シンポジウム「島嶼防衛と離島への自衛隊配備を問う」が開催された。

■ハイライト ※途中、収録時の機材不調によるノイズ音が入る箇所があります。ご了承ください。

  • 第1部 基調講演と報告
    • 基調講演 半田滋氏(東京新聞論説兼編集委員)「先島諸島への自衛隊配備を考える」
    • 報告 池尾精志氏(立命館大学非常勤講師)「島嶼防衛と『国民保護計画』」
  • 第2部 現地からの報告とパネル・ディスカッション
    • 現地からの報告 宮古島 斉藤美喜氏/石垣島 東山盛敦子氏/与那国 猪股哲氏
    • パネル・ディスカッション 斉藤美喜氏/東山盛敦子氏/猪股哲氏/半田滋氏/池尾精志氏/高良沙哉氏(沖縄大学准教授)/熊本博之氏(明星大学准教授)
  • タイトル シンポジウム「島嶼防衛と離島への自衛隊配備を問う」(沖縄大学)
  • 日時 2016年7月2日(土)14:00〜17:00
  • 場所 沖縄大学(沖縄県那覇市)
  • 主催 日本学術振興会科学研究費助成事業 基盤研究 (C)「国民保護計画策定状況に関する実態調査ならびに韓国・イギリスとの比較研究」、基盤研究 (C)「『選択と集中』の論理がもたらす地方自治の危機に関する社会学的研究」/共催 沖縄大学地域研究所

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です