第一回自由報道協会賞授賞式 ~大賞に岩上安身、IWJもマイクロジャーナリズム賞を受賞 2012.1.27

記事公開日:2012.1.27取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2012年1月27日(金)、自由報道協会の設立1周年を記念して創設された「自由報道協会賞」の各部門賞と大賞が発表され、その表彰式が行われた。

 自由報道協会賞は、取材、報道あるいは評論活動などを通じて、ジャーナリストとして顕著な業績を上げ、ジャーナリズムの信用と権威を高めた記者などに対して授与される「大賞」と、「報道賞」、「マイクロジャーナリズム賞」などの部門賞があり、いずれも一般の公募により推薦と投票が行われた。

 大賞は、2011年5月にがんで余命半年と宣告されながら、東電記者会見などで東電の施策の矛盾や嘘を追及し、暴いてきた、ジャーナリスト・日隅一雄氏の名を冠して、「日隅一雄賞」と名付けられた。

 授賞式では冒頭、小沢一郎元民主党代表が登壇し、「オープンな会見をするべきという考えを持っていた」と自身の情報公開への考え方を述べた。また、授賞式にはジャーナリストの田原総一郎氏も登壇し、会場を沸かせた。

 IWJは、ツイッター、ブログなどを対象とした「マイクロジャーナリズム賞」を受賞し、代表である岩上安身が、個人として「大賞」を受賞した。

■ハイライト

 各賞の受賞者・作品は以下の通り。

【大賞(日隅一雄賞)】
受賞:岩上安身
次点:水野倫之

【3.11賞】
東日本大震災と福島第一原発事故に関係する報道
受賞:石巻日日新聞
次点:神保哲生
※「@Fukushima 私たちの望むものは」(産学社)はノミネート辞退

【マイクロジャーナリズム賞】
ツイッター、ブログなどが対象
受賞:IWJ
次点:ニコニコ生放送(七尾功)

【自由賞】
「3.11賞」「報道賞」「マイクロジャーナリズム賞」の分類に該当しないもの
受賞:山本太郎
次点:思想地図β2

【報道賞】
媒体、報道機関を対象にしたもの
受賞:吉田照美 ソコダイジナトコ
次点:朝日ニュースター

【協会賞】
自由な言論ならびに多様な言論の構築のために著しい貢献をした個人、団体
受賞:ニコニコ生放送
次点:@mitsuya_niwa

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です