平野博文文科相 定例会見 2012.1.24

記事公開日:2012.1.24取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(ボランティアスタッフ・遠田)

 2012年1月24日(火)、文部科学省で平野博文大臣の定例記者会見が行われた。

■ハイライト

  • 日時 2012年1月24日(火)
  • 場所 文部科学省(東京都千代田区)

 今国会1)について大臣は、被災者対応予算を含んだ、約2兆6千億円の第4次補正予算案を早期に成立させたいと語った。そして、「政府の一員として努力していきたい」と抱負を述べた。

 政府は、運転期間が40年以上になった原子炉を廃炉にする法改正案に、20年延長できる例外規定を設ける方針だ。これについて大臣は、今までは40年という考え方が踏襲されてきたことから、どういう基準で延長されるのか明確にしなければ、国民の理解は得られないと述べた。

 また、東日本大震災の教訓を生かし、防災時におけるマニュアルの問題点を含めた、防災教育の充実させていく方針を示し、津波被害にあった小学校などに対して、聞き取り調査を行うか検討すると述べた。

注一覧
(1)今国会=24日に招集された第180回通常国会のこと。社会保障と税の一体改革や一票の格差是正、議員定数削減などの重要法案が審議される予定。

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です