立憲主義を考えるシンポジウム―日本国憲法70周年に向けて― 2015.12.11

記事公開日:2015.12.11取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 京都大学・高山佳奈子教授が企画した「立憲主義を考えるシンポジウム―日本国憲法70周年に向けて―」が、2015年12月11日(金)18時半より京都大学(京都市左京区)で開かれた。志位和夫・日本共産党委員長、君島東彦・立命館大教授(平和学)、曽我部真裕・京大教授(憲法学)、岡野八代・同志社大教授(政治学)がパネリストとして報告・討論を行った。

■ハイライト

  • 開会挨拶 高山佳奈子氏(京都大学教授)
  • 報告 志位和夫氏(衆議院議員、日本共産党委員長)「安保法制廃止の展望」/君島東彦氏(立命館大学教授)「日本平和学会『安保法制 100 の論点』から」/曽我部真裕氏(京都大学教授)「憲法学の立場から」/岡野八代氏(同志社大学教授)「政治学の立場から」
  • パネルディスカッション(コーディネーター 高山佳奈子氏)
  • タイトル 立憲主義を考えるシンポジウム―日本国憲法70周年に向けて―
  • 日時 2015年12月11日(金)18:30〜20:30
  • 場所 京都大学時計台大ホール(京都市左京区)
  • 主催 高山佳奈子氏(京都大学教授)(詳細、PDF)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です