戦争法の廃止を求め、侵略と植民地支配の歴史を直視しアジアに平和をつくる集い ―基調提起 高嶋伸欣・琉球大学名誉教授 2015.11.27

記事公開日:2015.11.27取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2015年11月27日(金)、衆議院第一議員会館で、アジアと日本の連帯実行委員会主催による「戦争法の廃止を求め、侵略と植民地支配の歴史を直視しアジアに平和をつくる集い」が開催され、高嶋伸欣・琉球大学名誉教授が講演を行った。

■ハイライト

  • タイトル 戦争法の廃止を求め、侵略と植民地支配の歴史を直視しアジアに平和をつくる集い
  • 日時 2015年11月27日(金)15:00〜
  • 場所 衆議院第一議員会館(東京・永田町)
  • 主催 アジアと日本の連帯実行委員会

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です