「安倍総理は保守の政治家ではない」〜民主・枝野幹事長、政府のTPP政策大綱を徹底批判――長島昭久議員のシンポジウムに安倍政権支持の櫻井よしこ氏がスピーチ! IWJが直撃質問 2015.11.25

記事公開日:2015.11.28取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材:ぎぎまき、文:ぎぎまき、岩上安身)

※11月28日テキストを追加しました!

 2015年6月の参院選が約7ヶ月後に控える中、「野党共闘」の行方に有権者の関心が集まっている――。

 安保法制の強行採決直後に日本共産党が提案した「国民連合政府」は事実上、棚上げの状態。野党第一党である民主党内にも意見の対立が存在していると見られ、幅広い野党間での選挙協力の実現すら、雲行きははっきりしていない。

 2015年11月25日、枝野幸男幹事長の定例会見で、大手記者が党内に混在するリベラルと保守の対立について問いただした。質問に対し、枝野幹事長は「対立とは思っていない。別に心配はしていない」と、意見の違いは多様性に過ぎないと反論。「対立の根拠を示して欲しい」と、記者に逆質問する場面も見られた。

▲枝野幸男民主党幹事長「党内に対立はない」

記事目次

■ハイライト

  • 日時 2015年11月25日(水) 15:00~
  • 場所 衆議院(東京都千代田区)

枝野幹事長、長島議員ら右派の行為について「揚げ足取りだ! 私も櫻井さんとは個人的な人間関係がある」

 枝野幹事長を始め、福山哲郎議員、蓮舫議員らは安保法制採決後も、SEALDsを代表とする市民団体と積極的な連携を図り、意見交換会を実施。デモなどでもスピーチする姿を見せている。維新、生活、共産、社民とは肩を並べて共同街宣を行なうなど、幅広い野党間との協力体制がうかがえる。

 一方で、民主党の長島昭久議員、細野豪志議員、馬淵澄夫議員は16日、民主党の野党再編をテーマにしたパネルディスカッションで、ジャーナリストの櫻井よしこ氏と懇談。親密さをアピールした。櫻井氏は安保法制を推進し、「美しい日本の憲法をつくる1000万人賛同者」の共同代表を努めるなど、憲法改正を積極的に目指す立場で、安倍総理支持を公然と表明している。

 「SEALDsなどの市民団体と連携を図りながら、他方では櫻井よしこ氏をイベントに呼ぶ。意見の多様性を認めるのが民主党だと主張されても、有権者の投票行動を大きく惑わせるものではないか」

 IWJの質問に対し、枝野幹事長はすかさず反論した。

 「みなさん、いろいろなテーマについてさまざな発言をする。櫻井さんにはそういう側面もあるかもしれないが、例えば、だいぶ古い話になるが、薬害エイズに私が取り組んだ時は、櫻井さんには大変なサポートをしていただいた。

 そういう意味では私は櫻井さんと個人的な人間関係があると思っています。ある側面だけ切り取って、『こんなに違うのにどうなんだ』みたいな話は、私は逆に世論を惑わすことだと思います。

 例えば長島さんも、通常国会での安保法制の我が党の方針には、意見を述べられた上できちんと従ってくれている。この法案は許さないという立場でしっかりと公的な行動を取っているんですから、あまり揚げ足取りのようなことをされない方がいいと思います」

 子供じみた理屈での取りつくろいだ。現在の政治状況の文脈で、櫻井よしこ氏とかつての薬害エイズ問題で何か関係があるのか。今、そんな昔の記憶を掘り起こしている時なのだろうか。櫻井氏は憲法改正運動の先頭に立っているリーダーであり、その点では安倍政権の伴走者である。その櫻井氏をシンポの場に招くということが、政治的に何を象徴するのか。理解できない人間がいるとしたら、よほど愚鈍であろう。

 長島議員は過去、安保法制の反対集会に野党とともに登壇した岡田克也代表を、正面きって批判した。安保法を「戦争法案」と呼ぶ市民運動の波に政治家が乗るのは冷静ではない、という理由からだ。さらに、成立したとされる安保法を、しっかり運用して「戦争法」だと言わせないようにすることが大事であるとも発言している。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

「「安倍総理は保守の政治家ではない」〜民主・枝野幹事長、政府のTPP政策大綱を徹底批判――長島昭久議員のシンポジウムに安倍政権支持の櫻井よしこ氏がスピーチ! IWJが直撃質問」への2件のフィードバック

  1. 武尊 より:

    自分の党の党首を批判するような人(長嶋氏)を擁護し始めたらお終い(笑)

  2. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    「民主党 枝野幸男幹事長 定例会見」 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/276319 … @iwakamiyasumi
    枝野氏、痛いところを突かれた?ぎぎまき記者、ナイス質問だが、反論もしてほしかった。何はともあれ、今の民主党は大きな矛盾を抱えてるのが浮き彫りになった。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/670573193116143617

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です