「米国の戦争に日本が加担しては絶対にいけない」東京・吉祥寺での自民党「改憲」街宣に多くのカウンター抗議 〜「改憲マンガ」の配布は急遽取りやめに 2015.6.7

記事公開日:2015.6.7取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・記事:川島安乃、記事構成:佐々木隼也)

 老若男女、子ども連れやファミリー客が行き交う、日曜日の東京・吉祥寺駅。昼前から行われた自民党の「憲法改正」街頭演説に足を止める人はほとんどおらず、60人ほどの聴衆のうち、「戦争させない」「9条壊すな」のプラカードを掲げたカウンターの市民が50人前後を占めた。

 2015年6月7日、自民党は全国100カ所で一斉に、「憲法改正」の必要性をアピールする街頭演説を行った。しかし、多くの場所で聴衆の集まりは悪く、代わりにカウンターの市民の姿が目立った。午前11時30分から行われた街宣には、手拍子とともに「憲法守れ」「戦争するな」の声がこだまし、演説をかき消した。

 同日、新宿西口で行われた街宣のような物々しい雰囲気はなく、カウンターは終始和やかに行われた。その一方で、10人ほど集まった自民党支持者からは、「スピーチが聞こえないから黙れ」と怒鳴り声があがった。

自民党青年部による新憲法制定・全国一斉街頭行動(吉祥寺駅)

  • 日時 2015年6月7日(日)11:30〜
  • 場所 JR吉祥寺駅北口(東京都武蔵野市)
  • 主催 自由民主党青年部・青年局(詳細
  • カウンター呼びかけ 安倍政権にNO!東京・地域ネットワーク(詳細)ほか

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

憲法学者「違憲」の声に配慮? 「改憲マンガ」の配布自粛

 自民党は憲法改正の必要性を若者らに訴えるために作成したマンガ「ほのぼの一家の憲法改正ってなあに?」を、全国の講演会や演説で配布する方針を打ち出していた。この日の街宣でも配布される予定だったが、自民党スタッフは拉致問題を訴える冊子「北朝鮮による日本人拉致問題」の方を配布していた。

 IWJ記者が「今日は改憲マンガを配らないのか?」と聞くと、その場にいた自民党スタッフは「今日は拉致問題が議題。改憲マンガはわからないです。ほんとにわからない」と言いながら、ばつが悪そうに去っていった。

 カウンター抗議をしてた30代の男性は、「自民党が改憲のマンガを配るというのを聞いて来た。あまりにもしょうもない中身なので…今日は配ってなかったですね。多分こんなの一緒に配っちゃったら逆効果と思ったんでしょうね。急に拉致問題の冊子を配り始めちゃって(笑)。まあでもそれくらいしょうもない中身のマンガってことに気付いたんじゃないですかね」と語った。

 改憲マンガの配布を急に取りやめた背景には、この街宣の2日前、6月4日に行われた衆議院の憲法審査会で参考人として呼ばれた憲法学者3人全員が、安保法制を「違憲だ」と断じたことの影響が見てとれる。

「米国の戦争に加担するようなことは絶対にしてはいけない」

 カウンター側には、30〜40代の比較的若い人の姿が目立った。IWJ記者が話を聞いた30代の男性は、カウンター抗議に加わった理由を語った。

 「改憲の国民投票とかになったら、もっとその時に色々な言論を闘わせなくてはいけないと思うんですけど、それに至るまでに、どんどん改憲しなくても改憲したように骨抜きにされるのが一番怖いと思うので。そうなる前に今のうちから頑張りたいですね」

 お子さんがいるという40代の男性も、安倍政権の強引な政治手法に危機感を露にした。

 「与党のほうが多いので押し切られてしまうじゃないですか。でもやっぱり止めたいなと…止まんなくても違うぞと言っていかないと変わらないですから。今までは選挙さえ行けば、社会に参加しているという気持ちだったが、ちょっとそういう段階はもうこえちゃってるんで、できることをやっていこうと…」

 ネットの情報を見て集まったという60代の女性は、今後の日本の行く末に警鐘を鳴らした。

 「改憲は納得いきません。私はもう66歳だからあんまり将来関係ないかもしれないけど、若い人達のことを考えるとね…。日本は平和を守っていく、特にアメリカの戦争に加担するようなことは絶対にしてはいけない。アメリカは今、泥沼戦争に巻き込まれてるでしょ。あんなのに日本が加担しては絶対にいけない。だからちょっとでもここに来ようと思いました」

 自分達の世代はいいが、若い世代を心配している、戦争する社会を残したくない、という意見は、話を聞いた60~70代の方が皆口を揃えて語った。多くの若者からお年寄りのこうした声に、安倍政権はどう答えるのか。

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です