日仏シンポジウム 3.11 後の原子力社会における政治、知、民主主義 2012.6.22

記事公開日:2012.6.22取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJテキストスタッフ・関根かんじ)

 2012年6月22日(金)9時より、東京・渋谷区恵比寿にある日仏会館ホールで、「日仏シンポジウム 3.11 後の原子力社会における政治、知、民主主義」が行われた。

※ 同時通訳あり

■ハイライト

  • 発表者(敬称略):キース・バベルストック(東フィンランド大学)、ヤニック・バルト(CNRS-CSI,パリ国立高等鉱業学校)、浅沼=ブリス・セシル(UMIFRE19)、ブリュノ・シャレロン(CRIIRAD)、後藤忍(福島大学)、 ベルント・グラムボ(Subatech、ナント国立高等鉱業学校、NEEDSプログラム)、石田葉月(福島大学)、岩田渉(市民放射能測定所)、 ポール・ジョバン(CEFC台北)、影浦峡(東京大学)、鎌田慧(ルポライター)、小山良太(福島大学)、フィリップ・ペルティエ(リヨン第2大学)、ティエリー・リボー(UMIFRE19, MFJ)、 城山英明(東京大学)、フロラン・ド・ヴァテール(INSERM)
  • 日時 2012年6月22日(金)
  • 場所 日仏会館ホール(東京都渋谷区)
  • 主催 日仏会館フランス事務所・フランス国立日本研究センター、公益財団法人日仏会館

 日仏会館ホールで、原子力社会における政治、知、民主主義と言うテーマでシンポジウムと低線量被爆の影響、などの講演が行われた。ブリュノ・シャレロンさんが、1986年、フランスで結成されたNGOグループ「CRIIRAD」=放射能の調査と情報に関する独立系委員会が実施した活動を報告した。

 現在、7000人のメンバーがいて、ステークホルダーとは無関係の立場で、自然界、医療なども含め、原子力産業の放射能の影響について調査、研究、啓蒙活動を行っている。そして、福島原発事故について話した。事故後、フランスにおけるヨウ素131のモニタリングの結果、女川原子力のモニタリングデータ、3月12日〜17日までの政府による放射能モニタリング情報の混乱、食品汚染に関して説明した。とくに、福島と周辺における放射能汚染の実態について述べた。

 放射線防護 ・原子力安全研究所(IRSN)の原子力危機管理の専門家オリビエ・イスナール氏が登壇し、緊急事態の評価、福島原発事故は対応したか、広報活動について話した。「常時、25人の緊急要員の待機、250のモニタリングポストなどを運営している」。

 次に小山氏(福島大学)が登壇した。

 「放射能汚染から食と農の再生。農地の放射線量マップと食の安全検査の体系化」と題した講演をした。「現在、農地の汚染マップを製作中だ。政府や官公庁は、データ収集や分析は、作成しているが、スピーディに見るように公開をしない。政府は、地方自治体に責任を丸投げして、押しつけている。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です