塩谷町 指定廃棄物最終処分場候補地の詳細調査反対と白紙撤回を求める緊急住民集会 2014.8.31

記事公開日:2014.8.31取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 放射性物質を含む指定廃棄物の最終処分場として、環境省が栃木県塩谷町内の国有林を候補地としたことを巡って、これに反対する「塩谷町民指定廃棄物最終処分場反対同盟会」が8月31日(日)13時半より塩谷中学校で緊急住民集会を開催した。主催者発表で2000人が集まり、候補地選定の白紙撤回を求めた。

■Ustream録画(再配信映像)
・1/2(2時間41分)住民集会

■全編動画 町長・反対同盟会記者会見

  • 主催あいさつ 和気進(わき・すすむ)氏(反対同盟会会長)/ビデオ上映
  • 経過と概要説明 見形和久(みかた・かずひさ)氏(塩谷町町長)
  • ビデオメッセージ 猪股洋文氏(宮城県加美町町長)/国会議員・県会議員・元町長あいさつ/船村徹氏(作曲家)あいさつ
  • 体験発表 小野崎俊行氏(矢板市民同盟会会長)/意見発表 田代浩敏氏(塩谷町町議会議長)ほか
  • 大会決議

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です