【第155・156号】岩上安身のIWJ特報! 秘密保護法の不当性と安全保障のこれから~モートン・ハルペリン氏インタビュー 2014.6.20

記事公開日:2014.6.20 テキスト独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

(岩上安身)

 本日は、6月20日金曜日。国会の会期末である6月22日まで、残り2日と迫った。安倍総理は、解釈改憲による集団的自衛権の行使容認を、今国会中に閣議決定しようと躍起になってきたが、「今国会では閣議決定しない」と、公明党との間で話し合いがつき(公明党が粘りをみせた、というポーズのためである)、閣議決定は7月4日に延ばされた。

 しかし、国会での審議を経ぬまま、与党協議のみで憲法の解釈を変更し、米国の意に沿うかたちで集団的自衛権の行使を容認することには何も変わりはない。

 公明党には、日米内外から圧力がかかっていた。ジャパン・ハンドラーの代表格の一人、マイケル・グリーン元米国家安全保障会議アジア上級部長は、6月1日、2日に来日し、ある自民党議員に以下のように語った、と6月14日付けの産経新聞は報じている。

 「東アジアで集団的自衛権を認めないのは中国共産党と日本共産党、社民党だけだ。公明党はどういう態度をとるだろうか・・・」

 この記事自体が、十分に脅しになったことだろう。

記事目次

  • 日本はどこの戦争に巻き込まれてゆくのか
  • 大義もなく、国益もない戦争という愚行に突入するための準備
  • 米国から強い要請はない
  • 「ツワネ原則」成立の過程
  • 特定秘密保護法は「ツワネ原則」を明確に逸脱
  • 質疑応答
  • 政府内の内部告発者は守られなければならない
  • 刑事罰ではなく、省庁内の罰則規定にとどめるべき
  • 質疑応答
  • 日本政府自身が望んだ秘密保護法
  • ツワネ原則は「ベスト・プラクティス」
  • 秘密保護法よりも先に日本政府がやるべきこと
  • 秘密保護法と歴史認識
  • 集団的自衛権行使容認の3条件
  • 日本は「オープン・ガバメント・パートナーシップ」に未加盟
  • 集団的自衛権行使容認の前提となる3つの条件
  • 日本の核武装を警戒する米国

 また、小泉純一郎元総理の政治担当秘書をつとめた、現在は安倍政権のブレーンとして内閣官房参与の地位にある飯島勲氏は、6月10日にワシントンで講演し、公明党と創価学会の関係に揺さぶりをかけた。12日付けの朝日新聞は、以下のように報じている。

 「『公明党と創価学会の関係は政教一致と騒がれてきたが、内閣法制局の発言の積み重ねで政教分離ということになっている』。飯島氏は党と支持団体の関係は憲法の『政教分離原則』に反しないとする政府見解を説明しつつ、こう続けた。『法制局の発言、答弁が一気に変われば、「政教一致」が出てきてもおかしくはない』

 集団的自衛権の行使を禁じてきた従来の憲法9条の解釈について、安倍晋三首相は内閣の閣議決定で変えることができると明言する。しかし憲法学者からは、これが認められれば内閣の判断で他の条文解釈も自由に変えられるようになり、『憲法の空洞化』を招きかねないとの批判が出ている。

 政府の一員である飯島氏の発言は、こうした懸念を裏打ちし、露骨な圧力ともとれる」

 憲法解釈を内閣が恣意的に変更できるとする方が、本来間違っているのだから、公明党も創価学会も毅然と抗うべき場面だったはずである。しかし、公明党は結局、憲法の解釈による変更を認める方向へと寄り添っていってしまう。

 当初は抵抗する素振りを見せていた公明党は、結局のところ、どこまでも与党として自民党にくっついてゆく「下駄の雪」に過ぎなかった。公明党は、自民党の高村正彦副総裁による「新3要件」の提示を受け、事態を限定して容認する方向で最終調整に入った。

 安倍総理は5月15日、私的諮問機関「安保法制懇(安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会)」からの提言をうけ、赤ちゃんを抱いたお母さんやご老人のイラスト入りで、「米国の輸送艦で日本人が救出された時、その輸送艦が攻撃されたら、日本の自衛艦が防衛するのは当然ではないか」と情緒的に訴えた。

 しかし、安倍総理のこの説明が、国民をあざむく真っ赤な嘘だったことが明らかになっている。

 6月11日、民主党の辻元清美議員が外務委員会で、米国の国務省と国防総省の「避難民に関する合意書」を持ちだして政府を追及した。この文書の中で米国政府は、「国務省は外国政府と自国民の退避について、正式の協定を締結することを控えている」「各国は米国をあてにせず、自国民を救出せよ」と言及しているのである。

 つまり、米国の艦船は、日本人だろうと何人だろうと、外国人を救出しないのである。安倍総理が、解釈改憲による集団的自衛権行使容認のために持ちだした事例は、万が一にもあり得ないものなのだ。過去にも救出事例は一件もない。今後もありえない。しかも、辻元議員の質問にこたえて、その事実を国会で政府はなんとあっさりと認めたのである。

※辻元清美ブログ(【URL】http://bit.ly/SOBvWV

 安倍総理は、いったいなぜ、これほどまであからさまな嘘までついて、集団的自衛権の行使容認を急ぐのか。安倍総理は国会の答弁の中で、「年末に控えた日米ガイドライン改定のために急ぎたい」と述べている。このことからも、米国の意向を忖度していることは、火を見るより明らかだ。公明党は自民党にべったりくっついてゆく「下駄の雪」だが、自民党と日本政府は、米国のご意向であらば国民に嘘をついてでもつき従ってゆく「犬の尻尾」である。情けない話ではないか。

日本はどこの戦争に巻き込まれてゆくのか

 集団的自衛権行使容認をこれほどまで急ぐのは、武力行使の現場に自衛隊を赴かせる必要性が目前に迫っているからである、と考えるのが妥当である。日本人の血が流れたり、日本人が外国人の血を流したりする日は近い、と言わなくてはならない。

 では、集団的自衛権の行使により、日本の自衛隊員が赴くことになる戦場はどこか。現在のところ、2つの可能性が考えられる。

 ひとつは、内戦による激しい混乱が続く、ウクライナ東部だ。安倍総理は、4月末から5月初旬にかけての欧州歴訪で、NATOの軍事協力に参加するための下地作りに勤しんだ。

 そのNATOは、6月上旬から、バルト海沿岸で史上最大の軍事演習を行い、ウクライナ情勢で対立するロシアと軍事的緊張状態にある。自衛隊が集団的自衛権行使容認によってNATOの軍事行動の一翼を担うことになれば、おのずと、戦場となるウクライナ東部に派遣される可能性が強まる。

 もうひとつは、中東に派遣される可能性だ。こちらのほうが、より有力な候補と見られる。昨年、米国とイギリスが軍事介入を行う姿勢を見せ、ロシアの干渉によりぎりぎりの所で空爆が回避されたシリアは、いまだアサド政権側と反体制派との武力衝突が収まる気配を見せない。

 さらに、ここにきて急展開を見せているのが、イラク情勢だ。スンニ派の武装組織「イラクとシリアのイスラム国(ISIS)」が、イラク第2の都市モスル、ティクリートを次々と制圧し、首都バグダッドに迫っている。

(…サポート会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です