緊急院内集会・記者会見「辺野古アセス・防衛省『有識者研究会』へのNGOによる意見書および要請」 2012.9.20

記事公開日:2012.9.20取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJテキストスタッフ・石川 茜)

 2012年9月20日(木)、東京都千代田区の衆議院第1議員会館で、緊急院内集会・記者会見「辺野古アセス・防衛省『有識者研究会』へのNGOによる意見書および要請」が行われた。

■ハイライト

  • スピーカー
    真喜志好一(沖縄ジュゴン環境アセスメント監視団/建築家)、花輪伸一(JUCON[沖縄のための日米市民ネットワーク])、安部真理子(日本自然保護協会)
  • 内容
     辺野古アセスの問題点
     防衛省「有識者研究会」へのこれまでの要請、経過報告
     有識者研究会へのNGO意見書 発表
     質疑応答
  • 日時 2012年9月20日(木)
  • 場所 衆議院第1議員会館(東京都千代田区)
  • 主催 沖縄ジュゴン環境アセスメント監視団・JUCON・沖縄・生物多様性市民ネットワーク

 辺野古アセス 防衛省有識者研究会とは、普天間基地の移設問題に絡み、辺野古に新基地を建設した際の環境変化について、先に防衛省がまとめた評価書に対し、沖縄県知事が「評価書で示された保全措置では環境保全が不可能である」との見方を示したことを受けて、防衛省が新たに発足させた有識者による研究会。

 NGOの志村智子氏によれば、前日に防衛省ウェブサイトで情報が出され、翌日4月27日に第一回の有識者会議開催された。これに対し、NGO側は抗議のコメントを発表した。しかし、その次の第ニ回会議も、前日になってから告知され、5月17日に開催された。その後、環境NGOと市民運動4団体が共同し、6月7日に要望書とNGO意見を出した。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です