「河野談話は公式なもの」慰安婦問題をめぐり中央大・吉見教授らが外国特派員協会で会見 2014.4.10

記事公開日:2014.4.10取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ 石川優)

 慰安婦問題に精通した中央大学・吉見義明教授、関東学院大学・林博史教授が4月10日(木)、日本外国特派員協会で記者会見をした。吉見・林、両氏は2007年4月17日にも日本外国特派員協会で会見を行っており、今回2度目の会見となる。

■ハイライト

「河野談話は公式なもの」

 ドイツ人記者が、「米国政治関係者らの議論の間で、河野談話は公式なものではないのではないか、といった議論がある。この点をどう見ているのか」と質問すると、吉見教授は、「言うまでもなく、官房長官の名前で出されたものだから、公式なもの。

 はっきりしていると思う」と述べ、林教授も「河野談話を継承するという内閣の答弁書を閣議決定している。内閣として閣議決定している。極めて公的なものと考えている」と両氏共通の見解を語った。

慰安所をめぐる日本軍と米軍の違い

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です