「立場のためなら何でもする日本人」福島からの自主避難者が非難される悪しき「理由」〜岩上安身による安冨歩氏インタビュー! 2012.4.19

記事公開日:2012.4.19取材地: テキスト動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2012年4月19日(木)、東京大学本郷キャンパスで行われた、岩上安身による安冨歩氏のインタビューの模様。

■イントロ

 安冨歩教授にインタビューを行うのはこれが2回目。安冨氏の受け持つ授業に岩上がゲストとして登壇という特殊なかたちで行った。前回はシルバージャケット、黒ハットに髭といういでたちで登場した安冨氏だが、今回の格好は別人のようであった。

 安冨氏は人間は学習することの出来る生き物である、と強調。「学習」とは「学」んで「習」得することである。例えば野球のバッティングを習得したら、「バッティング」という友達ができたような気になる。それが学習することで感じる喜びであると言った。

 このほか安冨氏は、日本語の論文には「立場」という概念が多く出てくることを指摘した。

(…サポート会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です