日刊IWJガイド・番組表「豊洲市場の開場は来年10月11日! 小池百合子東京都知事が発表―― 移転に反対している『築地女将さん会』は全組合員による投票を求めて仲卸事業者の過半数の署名を得たものの、業界団体幹部は黙殺、『女将さん会』は訴訟も辞さずと争う姿勢!/東京新聞、子宮頸がんワクチン接種後の体調不良は『思春期に見られる心身反応の可能性高い』!? ~IWJの取材に厚労省は『裏付けるデータはない』」2017.12.21日号~No.1924号~


■■■ 日刊IWJガイド・番組表「豊洲市場の開場は来年10月11日! 小池百合子東京都知事が発表―― 移転に反対している『築地女将さん会』は全組合員による投票を求めて仲卸事業者の過半数の署名を得たものの、業界団体幹部は黙殺、『女将さん会』は訴訟も辞さずと争う姿勢!/東京新聞、子宮頸がんワクチン接種後の体調不良は『思春期に見られる心身反応の可能性高い』!? ~IWJの取材に厚労省は『裏付けるデータはない』」2017.12.21日号~No.1924号~ ■■■
(2017.12.21 8時00分)

★本日の日刊IWJガイドは以下の内容でお届けします!

┏━━【目次】━━━━━━━━━━━━
┠■<はじめに>豊洲市場の開場は来年10月11日! 小池百合子東京都知事が発表―― 移転に反対している「築地女将さん会」は全組合員による投票を求めて仲卸事業者の過半数の署名を得たものの、業界団体幹部は黙殺、「女将さん会」は訴訟も辞さずと争う姿勢!(IWJ編集部)
┠■【中継番組表】
┠■<ニュース・フラッシュ!>(尾内達也、ぎぎまき、林俊成)
┠――【1】トランプ政権が北朝鮮の核の探索・無効化について中国と確約していた! トランプ政権は「国家安全保障戦略」でイランと北朝鮮を「ならず者国家」と非難! 「力による平和の維持」を基本方針に!
┠――【2】東京新聞、子宮頸がんワクチン接種後の体調不良は「思春期に見られる心身反応の可能性高い」!? ~IWJの取材に厚労省「すべてがそうだとは言えない」
┠――【3】トランプ大統領とのゴルフでバンカーに転げ落ちた安倍総理、すぐ起き上がって「トランプ大統領にほめられた」!? 自民党は安倍総理の方針に沿い、改憲に邁進!
┠■<昨日の岩上安身インタビュー報告!>「中国と戦争になっても米国は守ってくれない。日本は盾と矛の役割を担わされている」〜変化する米中関係、敵基地攻撃論が浮上した「理由」! 伊波洋一参議院議員インタビュー!(原佑介)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□■□■□■□■□■□■□
<はじめに>豊洲市場の開場は来年10月11日! 小池百合子東京都知事が発表―― 移転に反対している「築地女将さん会」は全組合員による投票を求めて仲卸事業者の過半数の署名を得たものの、業界団体幹部は黙殺、「女将さん会」は訴訟も辞さずと争う姿勢!
■□■□■□■□■□■□■□■□

 おはようございます。IWJ編集部です。

 食の安全とは、かくもたやすく犠牲にされてしまうものなのか――。

 ショックを隠しきれない方も多いのではないでしょうか。昨日、東京都の小池百合子知事が、来年10月11日に豊洲市場を開場することを正式に決定しました。戦前から続いてきた築地市場は、唐突に、強引な方法で、長い歴史に幕を閉じられることになります。

 岩上さんはIWJを設立する前の2010年から、築地市場の豊洲への移転問題を取材し続けてきました。まだ、マスコミが全くこの問題に関心を寄せていなかった当時から、東京ガスの工場跡地である豊洲の土壌汚染問題や液状化の問題、流通の新自由主義的改革の問題など、豊洲市場が抱える数々の問題を炙り出してきました。

※特集・築地市場移転問題 〜汚染と液状化で、首都圏の食と安全が脅かされる!〜

http://iwj.co.jp/feature/tsukiji/

※土地の汚染で流産や病気が急増!? 米「ラブカナル事件」が築地市場移転先の豊洲でも起こるかもしれない! ~岩上安身による大阪市立大学大学院特任教授・畑明郎氏インタビュー! 2010.9.23

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/9746

※ベンゼン、青酸カリ、ヒ素、鉛…豊洲新市場は「有害物質の汚染のデパート」! これから「壮大な『生体実験』が始まる」!? ~岩上安身による日本環境学会幹事・坂巻幸雄氏インタビュー! 2010.8.17

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/1427

※「新市場は単なる集配センター」になる!? 築地移転問題に隠された「新自由主義的改革」の恐ろしさとは? ~岩上安身による広島大学名誉教授・三國英實氏インタビュー! 2010.8.17

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/1406

 昨年の都知事選後、小池都知事は昨年11月7日に予定されていた移転を延期する方針を発表。その直後に、豊洲市場の土壌汚染対策として施されているはずの「盛り土」がされていない事実が発覚し、環境基準を上回る汚染物質も検出されました。その後、2年間の地下水モニタリング調査でも、基準値を上回るベンゼンやヒ素などが検出されました。

 今年の3月には、都議会の百条委員会が開かれ、移転問題の混乱を生んだ責任者として、石原慎太郎元都知事や、浜渦武生元副知事らが証人喚問されましたが、責任の所在を十分に明らかにできたとは、言えませんでした。

 相次いで問題が明るみに出され、マスコミも大きく報じるようになりましたが、IWJのこれまでの取材を見ていただければ、これらの問題が昨日、今日、出てきたものではなく、何年も前から指摘され続けてきたことがおわかりいただけると思います。

※特集 築地市場移転問題

http://iwj.co.jp/feature/tsukiji/

 移転問題がワイドショーをにぎわすようになって以降も、岩上さんは一級建築士の水谷和子氏や東京中央市場労働組合執行委員長の中澤誠氏、建築エコノミストの森山高至氏、元日本環境学会会長の畑明郎氏らにインタビューをして、そもそも豊洲市場の土壌汚染を取り除くなど不可能であることや、都の土壌汚染対策に不正があること、豊洲市場の設計があまりにもずさんであることなど、移転問題の本質に迫ってきました。

※スクープ!豊洲「盛り土」問題、「技術会議」は地下空間の存在を知っていた! ~岩上安身が元日本環境学会会長・畑明郎氏に豊洲土壌汚染の実態を訊く! 2016.9.19

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/332624

※移転不可能はもはや自明! 6000億円をドブに捨てた石原氏と猪瀬氏の責任を問え! 築地市場移転ストップの立役者・宇都宮健児弁護士×水谷和子氏×中澤誠氏に岩上安身がインタビュー! 2017.2.10

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/362497

※豊洲市場の使い勝手の悪さは大手流通も嘆くレベル!? 市場は諦め商業施設に! 築地市場は約700億円で再整備可能! ~岩上安身が森山高至氏・水谷和子氏・中澤誠氏にインタビュー!(前編) 2017.4.7

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/372661

※闇深き「2001年7月18日」 百条委員会で新事実発覚! 浜渦元副知事は責任を部下に押しつけ遁走!? 行政文書に偽り!? ~岩上安身が森山高至氏・水谷和子氏・中澤誠氏にインタビュー!(中編) 2017.4.7

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/373444

※「豊洲の水は飲まないから安全」!? 橋下氏の詭弁に大反論! 「直接飲まない場合も84.2%の汚染地で除去工事を実施」 ~岩上安身が森山高至氏・水谷和子氏・中澤誠氏にインタビュー!(後編) 2017.4.7

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/373449

 そして、これらの問題は、何一つ解決されることのないまま、豊洲市場の開場が強行されようとしています。

 昨日、築地市場講堂で開かれた新市場建設協議会には、都の中央卸売市場担当者らと、築地市場業界団体の関係者らが集まり、開場予定日を来年10月11日にすることを決定。協議会は、ものの15分で終了しました。

※第23回 新市場建設協議会 ―議題:豊洲市場への移転について(冒頭頭撮り)

http://www.ustream.tv/recorded/110819580

 その後まもなく都庁では小池都知事が記者会見を開き、移転日時を発表しました。最初から、何もかもが移転ありきで動いていたとしか思えません。各テレビ局がこぞって大騒ぎし続けてきた「小池劇場」は、何の事はない、選挙前に小池氏の人気を一時的に浮上させるための大がかりなマニピュレーションだったのでしょう。

※豊洲新市場が2018年10月11日に開場へ 「(安全性は)追加工事によって担保されるというお考えか」との週刊ダイヤモンドの質問に小池百合子・東京都知事「基本的にそうであります」 2017.12.20

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/408196

 現在、手の平を返すように大多数のマスコミが、移転日時決定の事実だけを報じている様子を見ると、まるで、市場関係者らがみんな豊洲移転に賛成しているかのようですが、そんなことはまったくありません。

 協議会が開催される直前に、築地市場の東卸組合有志でつくる「築地女将さん会」が築地市場講堂 1階入り口で記者会見を開き、女将さん会が独自に行った「築地市場の移転にかかる全組合員投票を求める請願署名」で、過半数の仲卸業者から署名を得て提出しているにもかかわらず、業界団体の幹部らが、全組合員の投票を行わないままに移転を決定しようとしていることへ、抗議の声をあげました。

 女将さん会のメンバーは、強引な移転日時の決定が行われれば、東京魚市場卸協同組合に対し、訴訟を起こしていく構えであることも発表。記者会見には、長年この問題に取り組んできた宇都宮健児弁護士も同席していました。

※「築地市場の移転にかかる全組合員投票を求める請願署名」を東卸組合・早山豊理事長へ提出した「築地女将さん会」による「新市場建設協議会」開催直前の緊急記者会見

http://www.ustream.tv/recorded/110819580

 IWJは昨日、女将さん会による記者会見や新市場協議会を取材しました。現在、動画だけでなく、テキスト記事も準備しておりますので、ぜひ、お待ちください!

 「安全・安心な市場であると発信したい。風評被害にも取り組み、豊洲市場がこんなにすばらしいところであると発信する。豊洲市場を日本の新たな中核市場として育てる」

 批判に耳を傾けない一方で、小池都知事は記者会見でこのように語りました。豊洲市場の汚染は「風評被害」でもなんでもなく、「すばらしいところ」など嘘八百です。

 実際に新市場で働く事業者や、新市場から届く鮮魚・青果を口にする市民の意向はまったく無視して、強引に移転が強行されました。昨日の小池知事の会見でIWJは質問をするつもりでしたが、またしても、IWJは「排除」されてしまい、最後まで指名されることはありませんでした。

 それでも、IWJは私たちの命と健康がかかったこの問題を、諦めずに追及していきます。

 また、昨日岩上さんは、伊波洋一参議院議員に北朝鮮問題をめぐってインタビューをおこないました。こちらも私たちの命がかかっています。詳細につきましては、後段でご報告いたします。

 こうしたIWJの取材活動は、皆様の会費によって支えられています。まだ会員にご登録いただいていない方は、この機会にぜひご登録をお願いいたします。

※会員登録はこちらからよろしくお願いいたします。

https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 IWJの活動経費の半分は、皆様からのご寄付によって賄われています。IWJの1年間の活動経費から1か月あたりの必要額を割り出すと、月々500万円のご寄付を目標としています。

 今月はおかげさまで、18日現在で目標の500万円まであと約60万円の4,422,268円(263件)のご寄付をいただいております。ご寄付をしてくださいました皆様、本当にありがとうございます。

 とはいえ、8月からの第8期全体でみると、現状では目標を約650万円下回っています。

 今後もIWJが活動を続けていくため、ご支援を何とぞよろしくお願いいたします。

※ご寄付・カンパのご支援はこちらから。

http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 また、IWJでは広告の出稿も募集しております。

 ご存知のように、岩上さんのインタビューでは、ゲストの方の著作をご紹介することが多いのですが、インタビューに合わせてIWJ書店で販売するサイン本は、毎回即座に売り切れてしまいます。

 そして、IWJで「広告連動企画」として、岩上さんが著書の方々にインタビューをおこなっている創元社の「〈戦後再発見〉双書」(http://amzn.to/2l4xiSE)は、大ヒットシリーズとなっています。

  IWJの視聴者層・読者層と、IWJで取り上げる良書の読者層を対比した場合、広告効果は決して低くないのではないでしょうか。IWJガイドをお読みになっている出版社の方、ぜひ、広告の出稿をご検討ください!

 また、出版社に限らず、法人でも個人の方でも、広告を大募集中です。

※協賛・広告掲載のお願い

http://iwj.co.jp/join/supportingad.html

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2017.12.21 Thu.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【Ch5】10:00頃~「立憲民主党『PEZY Computing』スーパーコンピューター視察後の記者会見」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

 立憲民主党による「PEZY Computing」スーパーコンピューター視察後の記者会見を中継します。視察者は川内博史氏、岡島一正氏、初鹿明博氏、松田功氏、中谷一馬氏。
——————-

【Ch4】13:00〜「原発事故避難者の強制立ち退きに反対する緊急署名提出と記者会見」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4

 内容は、厚生労働省・復興庁への署名提出、記者会見。
——————-

【Ch2】17:45~「『中長期ロードマップの進捗状況』に関する記者会見」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=2

 東京電力による記者会見を中継します。
——————-

【タイムリー再配信 88・IWJ_Youtube live】21:00~「日本会議の台頭と回帰する『国家神道』『大日本帝国』化を目指す安倍政権~岩上安身による上智大学教授島薗進氏インタビュー 中編」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2016年11月収録の、岩上安身による上智大学教授島薗進氏インタビューを再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/343400

============

◆中継番組表◆

**2017.12.22 Fri.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【タイムリー再配信 89・IWJ_Youtube live】21:00~「日本会議の台頭と回帰する『国家神道』『大日本帝国』化を目指す安倍政権~岩上安身による上智大学教授島薗進氏インタビュー 後編」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2016年12月収録の、岩上安身による上智大学教授島薗進氏インタビューを再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/352050

▲▽▲▽官邸前抗議関連 ▽▲▽▲

【Ch5】18:30~「再稼働反対!首相官邸前抗議」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5
——————-

【IWJ_TOKYO8】18:00~「原発反対八王子行動」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=tokyo8

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

「トランプ大統領のエルサレム首都認定を弾劾する~パレスチナにおける公正な平和を求める市民社会から日本政府・企業等への要望」――市民団体の連名で発表された声明文を特別掲載!

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/408158

高裁では初の原発運転差し止め判断!今後の原発訴訟はどうなる!? 岩上安身による脱原発弁護団全国連絡会共同代表・海渡雄一弁護士インタビュー!

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/408075

「爺さんも悪い事ずいぶんやってる。でも孫は話にならない!」歴史を学ばぬ安倍首相 そして集団的自衛権・共謀罪を徹底批判~岸信介内閣の下で働いた藤井裕久氏――立憲民主党 かながわ設立準備会・シンポジウム

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/407135

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■□■□■□■□■□■□■□■□
<昨日の岩上安身インタビュー報告!>「中国と戦争になっても米国は守ってくれない。日本は盾と矛の役割を担わされている」〜変化する米中関係、敵基地攻撃論が浮上した「理由」!伊波洋一参議院議員インタビュー!
■□■□■□■□■□■□■□■□

 「日本が中国から攻撃されても米国は守ってくれない。このことはほぼ確定してきました」

 昨日、岩上さんが沖縄選出の参議院議員・伊波洋一氏にインタビューし、「日米同盟」を盲信しているネトウヨが聞いたら膝から崩れ落ちるような現実が明かされました。

 日本政府は一昨日19日、米国から地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を購入することを決定。「北朝鮮の弾道ミサイルなどの脅威に対処するため」と報じられていますが、導入には2基合計で最低2000億円かかるばかりか、運用開始は5年以上先になる見込みで、目前の北朝鮮情勢への対応策として意味があるのか、疑問であると伊波さんは指摘しました。

 さらに、日本政府は長距離巡航ミサイルも導入予定で、中谷元・元防衛相は、「やむなく必要とあれば、北朝鮮の基地に対して攻撃することも可能な能力を持つことになる」と述べ、「敵基地攻撃能力」の保有に意欲をみせています。これも北朝鮮情勢の緊迫化にともなう政策決定であるかのように報じられていますが、事実は少し違うようです。

 「敵基地攻撃論は、対北朝鮮で初めて出たわけではない。今年5月、小野寺防衛相や中谷元防衛相は、CSISの講演で『一番の脅威は中国だ』と言っています。敵基地攻撃論の念頭には、中国があります」

 伊波さんは「日本が中国から攻撃されても米国が守ってないことは、ほぼ確定してきた」と指摘し、「『ならば自分たちのことは自分たちで守ろう』という議論になっています。日米安保は『盾』と『矛』の関係ですが、中国に関してはその関係が崩れてきています」と語り、米中は経済的に強い結びつきにあること、米中戦争となれば世界大戦になることなど、「不利益が多すぎる」とその理由を挙げました。わざわざ日本のために中国と一戦を交えるメリットなど、米国にはないということです。

 さらに伊波さんによると、トランプ政権で米国国家通商会議の委員長を務めるピーター・ナヴァロ氏は論文で米中戦争を想定し、「中国の第一撃ミサイルを日本で確実に吸収する、そのために在日米軍基地を分散させる。琉球諸島の南西の島々にまで軍を分散配置できれば、中国にとってターゲットを絞り込むのは非常に困難になるだろう」と書いています。

 米国が日本のために中国と戦うことはないが、仮に米中の利害が衝突し、両国が戦争となれば米国は日本全土を基地にし、捨て駒にもする。こんな戦略を描く米国のために高額の武器を買い、基地を提供する。日本はそんな「米国にとって都合のいい国」でしかないのが現実です。ウーマンラッシュアワーの漫才の決め台詞である「都合のいい国」は、真実そのものです。ネトウヨは現実を直視すべきでしょう。

 日本が「日本国民にとって都合のいい国」となるためにも、「北朝鮮危機」の裏にある大国の思惑を正確にとらえなければなりません。昨日の伊波洋一さんインタビューは、とても重要な内容となっていますので、ぜひアーカイブをご覧ください。

※「中国と戦争になっても米国は守ってくれない。日本は盾と矛の役割を担わされている」〜変化する米中関係、敵基地攻撃論が浮上した「理由」!伊波洋一参議院議員に岩上安身が訊く!

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/408133

 それでは今日も1日、IWJをよろしくお願いします!

※日刊IWJガイドのフルバージョンは下記URLより御覧ください。

http://iwj.co.jp/wj/member.old/nikkan-20171221

IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 http://iwj.co.jp/