ハルビン、ヒロシマ・ナガサキ、そして福島 〜医師・医学者の戦争責任・戦後責任を検証する ―講師 郷地秀夫氏 2015.2.14

記事公開日:2015.2.14 取材地: 動画

 2月14日(土)17時より、神戸市中央区にある兵庫県保険医協会で「『医の倫理—過去・現在・未来—』プレ企画 市民公開学習会 ハルビン、ヒロシマ・ナガサキ、そして福島—医師・医学者の戦争責任・戦後責任を検証する—」が開かれ、被爆者医療に長年取り組んできた医師の郷地秀夫氏が講演を行った。

続きを読む

原爆被害は過去のことではない〜岩上安身による東神戸診療所・郷地秀夫所長インタビュー第二弾 2014.8.16

記事公開日:2014.8.16 取材地: テキスト 動画 独自

 原爆症は過去のことではない。東神戸診療所所長の郷地秀夫氏はそう考える。投下から何十年を経ても、原爆被害は未解明の部分が大きい。現時点の医学的通説で、すべてを語ることができないはずだ――。

 郷地氏は、原爆症認定を求める訴訟の支援を通じ、この問いに向き合ってきた。被爆者の診断を35年続けてきた経験を持ち、「原告の陳述書を何度も読み、直接会ってお話を聴くうちに、この人たちは、どう考えても、原爆症であると確信した」と語る郷地氏の言葉は重い。

 8月16日、郷地氏は東神戸診療所で岩上安身のインタビューに応じ、3.11後に被爆者が置かれた状況、戦争被害の補償に対する国の姿勢を中心に語り、原爆によって破壊されたものを取り戻すための戦いが、今も続くことを訴えた。

続きを読む

福島での鼻血 「被曝じゃない」と言い切れるのか〜岩上安身による東神戸診療所・郷地秀夫所長インタビュー 2014.7.25

記事公開日:2014.8.16 取材地: テキスト 動画 独自

 福島での鼻血は、放射線被曝によるものなのか。漫画「美味しんぼ」でその描写がされたとき、「根拠がない」「風評被害の原因となる」との批判が巻き起こったことは記憶に新しい。

 しかし、そう言い切ってはいけない、と東神戸診療所所長・郷地秀夫氏は声をあげる。「放射線の影響がまったく関係ないと否定できないかぎりは、可能性があることを前提する必要がある」。7月12日には、福島においても、放射線被曝による影響で鼻血が出る可能性があることを示唆する論文を発表。注目を集めた。

続きを読む

【今夜19:00より配信】岩上安身による東神戸診療所・郷地秀夫所長インタビュー 2014.8.12

記事公開日:2014.8.12 テキスト

 放射線被曝と鼻血とに因果関係はあるのか。漫画「美味しんぼ」でその描写がされたとき、「根拠がない」「風評被害だ」との議論が巻き起こったことは記憶に新しい。

 東神戸診療所所長・郷地秀夫氏は、「放射線の影響がまったく関係ないと否定できないかぎりは、可能性があるとする必要がある」と、この鼻血問題を捉える。7月12日には、内部被曝の影響により鼻血が出る可能性があることを示唆する論文を発表。注目を集めた。

 郷地氏は、広島・長崎の被爆者の治療を35年間続け、また、原爆症認定訴訟の支援にも関わってきた。3.11後は、被災地からの避難者の診断や健康相談に当たっている。

続きを読む

「内部被曝を考慮しない医療は、医学の汚点である」 ~放射能社会を生きる連続セミナー 第1回「被爆者医療から見た原発事故」郷地秀夫氏講演 2013.5.26

記事公開日:2013.5.26 取材地: テキスト 動画

 2013年5月26日(日)13時30分、神戸市中央区の神戸市勤労会館において、東神戸診療所所長の郷地秀夫氏による「被爆者医療から見た原発事故」と題した講演会が開かれた。郷地氏は、医師として被爆者医療に長年携わった経験をもとに、被曝線量の算出方法などを解説したほか、放射能による健康被害に対する国や医療界の姿勢に疑問を呈した。

続きを読む

2012/05/27 【岡山】福島原発事故の内部被曝を考える

記事公開日:2012.5.27

 2012年5月27日(日)、勤労者福祉センターで行われた、福島原発事故の内部被曝を考えるの模様。

続きを読む