脱原発をめざす女たちの会「11.23キックオフから1年『こうやって原発を止める』11.23集会」 2012.11.23

記事公開日:2012.11.23地域: テキスト 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJテキストスタッフ・佐々/奥松)

 2012年11月23日(金・祝)午後2時から、東京都千代田区の明治大学アカデミーホールで、「脱原発をめざす女たちの会 11.23 キックオフから1年『こうやって原発を止める』」が行われた。脱原発のために、さまざまな立場で戦う女性たちが一堂に会し、原発を止める取り組みをわかちあった。

■ハイライト

  • 日時 2012年11月23日(金)
  • 場所 明治大学アカデミーホール(東京都千代田区)
  • 主催 脱原発をめざす女たちの会/現代史研究会

 まず、瀬戸内寂聴氏がビデオメッセージで、「対面や立場を重んじる男と違い、女はいかにして生き延びるか、子孫を守るかで動く。それでいいんです。子供の命を守るために、いやなことはいやと叫びましょう」と、集まった人々へ激励の言葉を送った。

 同じくビデオメッセージで、精神科医の香山リカ氏が「大震災と原発事故は、いまだ収束から程遠いのに、多くの人が忘れたように生活している。これは一種の心理的逃避。あまりにもショックや不安が大きいと、無意識のうちに恐れから目をそらす行為だ」と現状を分析し、「現実を受け入れることから始めて、国を挙げて解決へ向かおう」と呼びかけた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です