「基地問題が国政選挙の争点にならないこと自体が沖縄に対する暴力」! 米軍基地問題の争点化を求め要望書を提出!――市民有志の緊急アピール 普天間・辺野古基地問題を選挙の争点に! 2017.10.12

記事公開日:2017.10.12取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年10月12日(木)15時より東京都千代田区の参議院議員会館にて、市民有志の緊急アピール 普天間・辺野古基地問題を選挙の争点に!が開催された。

■ハイライト

  • 発言(予定) 中村利也氏(辺野古への基地建設を許さない実行委員会)、川名真理氏(沖縄への偏見をあおる放送を許さない市民有志)、野平晋作氏(ピースボート)、福田唯一氏(辺野古リレー〜辺野古のたたかいを全国へ〜)、藤田五郎氏(差別・排外主義に反対する連絡会)、加藤宣子氏(Stop!辺野古埋め立てキャンペーン)、浦野薰氏(ゆんたく高江)、芦澤礼子氏(沖縄平和ネットワーク首都圏の会)、宮平真弥氏(流通経済大学法学部教授、沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック共同代表)、花輪伸一氏(沖縄環境ネットワーク)、山田星河(ONE・LOVE 高江特派員)
  • 日時 2017年10月12日(木) 15:00〜
  • 場所 参議院議員会館(東京都千代田区)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です