【特別寄稿】「原発再稼働阻止のシンボル」泉田裕彦氏が自民党から立候補表明! 泉田ファンクラブ主宰の講演会で語った出馬動機をレポート! その場に登場した古賀茂明氏は泉田氏の目の前で「落選運動」を宣言!(ジャーナリスト・横田一) 2017.9.10

記事公開日:2017.9.20 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文・写真:横田一)

 9月8日、前新潟県知事・泉田裕彦氏が自身のツイッターで、衆院新潟5区補欠選挙に立候補する意向を表明し話題となった。しかも、自民党からの出馬ということで、泉田氏を「再稼動阻止のシンボル」として応援してきた支持者からは、驚きと戸惑いの声が上がった。

 泉田氏は元経済産業省の官僚で、2004年の県知事選で自民、公明両党の推薦を受けて初当選。昨年10月の退任まで、3期12年新潟県知事を務めた。

 知事時代、2007年に発生した中越沖地震による、東京電力柏崎刈羽原発の火災事故と、3.11の東京電力福島第一原発事故の経験から、泉田氏は原子力防災の重要性を繰り返し強調してきた。また、原発事故時の避難計画の不備などを理由に、東京電力柏崎刈羽原発の「再稼働」を認めてこなかった。そのため脱原発派知事として知られ、原発に反対する多くの有権者から支持を得てきた。

 自民党新潟県連5区支部は13日、選考委員会を開き、泉田氏を正式に擁立する方針を固めた。自民党は県連内の手続きを経て、速やかに泉田氏を公認する方針を示している。

 その後、9月18日、安倍総理は今月28日に招集される臨時国会の冒頭で衆議院を解散し、10月10日公示、22日投開票の日程で総選挙を行う意向を固めたと報じられた。この解散、総選挙が予定どおり行われれば、泉田氏が出馬を表明している衆院新潟5区補選は総選挙として実施され、10月10日公示、22日投開票となる。

 解散総選挙の報道が流れる一週間ほど前の9月10日、泉田氏は都内で開かれた泉田裕彦ファンクラブ主催の「講演会&懇親会」で、自身の支援者に向かって、立候補の動機を説明し、原発事故時の住民避難計画策定や、原発テロ対策など、従来から主張してきた原子力防災推進のほか、米山隆一新潟県知事に対する個人攻撃ともとれる批判なども赤裸々に語った。米山氏への個人攻撃は、温厚なイメージのあった泉田氏の印象が一変するほどのインパクトがあった。

 泉田氏の講演に続いて行われた懇親会には、安倍政権を批判し「報道ステーション」を降板させられた古賀茂明氏が登場。経済産業省の後輩にあたる泉田氏に対して「自民党から出ることを、やめてもらいたいと言いに来ました」と挨拶し、泉田氏がこのまま自民党から立候補した場合には「落選運動を呼びかける」と宣言する場面も見られた。

 以下、泉田裕彦氏の「講演会&懇親会」の現場を取材したジャーナリストの横田一氏がIWJに寄せた寄稿を掲載する。(前文:IWJ編集部)

「なぜ自民党から出るのか」!? 泉田裕彦ファンクラブからも疑問噴出!

 自民党新潟県連5区支部が泉田裕彦・前知事を補選候補に決めた3日前の9月10日、泉田裕彦ファンクラブ主催の「講演会&懇親会」が都内で開かれた。会場入口では「自民党からの批判に対し 与党でないと声届かない」と銘打った地元紙(9日付三條新聞)のコピーが配布されたが、それでも約50名の参加者から「なぜ自民党から出るのか」といった疑問の声が噴出した。

 これに対して泉田氏は、米朝関係緊迫化でも原発再稼働を進める安倍政権(総理)が日本国民の生命・健康を脅かしている現状(「アベノリスク」)を暴露しながら、補選出馬の理由を説明していったのだ。

 「(原発事故時の)避難計画ができていないし、『そもそもミサイルが原発に着弾しても(原子力規制委員会が)「所管外」と言うのはけしからん』とずっと言っているじゃないですか」「北朝鮮の脅威が高まっている中、このまま(柏崎刈羽原発などの)再稼働をすれば、『何のセーフティネットもないまま、皆様(日本国民)の生命、健康が危険にさらされる』と声を大にして言います」

▲都内でのファンクラブイベントで講演中の泉田裕彦氏(2017年9月10日 撮影:横田一氏)

原子力規制委員会~原発にミサイルが当たっても「所管でない」!? 泉田氏「ふざけるな」!

 10日の会合でも泉田氏は知事時代と同様、聞く耳を持たない原子力規制委員会を厳しく批判しながら、与党国会議員になろうと決めた心情を次のように語っていった。

 「いま米朝関係が緊迫する中で、『原発にミサイルが当たったらどうするの』と随分前から、私個人が言っているだけではなくて、知事会要望としてまとめたのですよ。原子力規制委員会が何と言っているのか、ご存知ですか。

 『所管でない』と言うのです。ふざけるなということですが、『航空機テロも含めてテロとかミサイル着弾は規制の範囲を超える。国民保護法でやってくれ』と規制委員会は言っている。国民保護法で動くのは自衛隊なのですけれども、『(柏崎刈羽原発の周辺住民の)44万人を避難させて下さい』と言ったら、自衛隊は『できません』という回答をもらっています。従って誰も責任を負っていない状態なのです。

 外野からいくら言っても変わらない。知事会から(原子力規制委員会に)言っても変わらない。野党で指摘しても変わらない。マスコミで聞いても変わらない。むしろ蓋をされるということになると、どうやってやるのと」

「自民党国会議員になって、安倍政権の原発政策を変えていく」~避難計画や原発テロ対策を求めて補選出馬を決意!

 2015年8月24日に全国知事会・防災委員長として泉田知事(当時)は、田中俊一・原子力規制委員長に要望書を手渡した。ようやく実現した委員長面談で「原発事故時の住民避難計画や、原発テロ対策が不十分なままの再稼働はありえない」という持論をぶつけたのだが、聞き流されたままの状態が続いている。

▲田中俊一・原子力規制委員会委員長に原発事故対応の是正を求める泉田新潟県知事(当時)(2015年8月24日 原子力規制委員会にて)

 この状況を打破しようとして泉田氏は補選出馬を決意。「自民党国会議員になって、安倍政権の原発政策(原子力防災政策)を変えていく」と考えているというのだ。

「避難計画なんてなきに等しい」! 退避指示エリアに44万人! バスは1万4000台必要!

 続いて泉田氏は、知事時代の経験に基づいて、「避難計画なんてなきに等しい」と酷評もしていった。

 「ちなみにチェルノブイリの(原発事故の)時、4万2000人を避難させました。バス何台で避難したのか分かりますか。40人乗りだから1200台。運転手さんが『あんな危ないところに二度行けない』というから、本当に1200人集めた。それで避難をしているわけです。

 ところが、柏崎刈羽原発。屋内退避指示が出るエリアに44万人いるのです。バスは1万3000~4000台いると思っています。運転手は、1万3000人はいません。県内に1000人弱しかいない。そうすると、他県から来ないといけないでしょう。

 ところが、国交省の旅客運送法のサービス基準があって、通常のバス経路はちゃんと運用しないと、処罰を受けることになっているのです。ということは、『非常時に他のエリアのバスの運行経路を止めてもいい』という法律を整備しないといけない。でも、全く何もやっていない。出たところ勝負で『さあやるぞ』と言ってもダメだし、さらに福島(原発事故)の経験で言えば、体の悪い人はバスではダメなのです。福祉車両がいる。福祉車両の運転手さん、どうやって確保するのですか。

 アメリカはいざ原発事故になったら、物資を運ぶ人を決めているのです。名簿ができていて、あらかじめ『私は行きます』というサインをして、放射線防護の勉強もしています。そして、いざという時にもう一回サインをしていく。

 当然、危険手当も出る。ちなみにチェルノブイリの時に独ソ戦と同じ対応、特別手当が出るということを経済面でもやっているのですが、そういうことを一切やらずに、原発事故が起きれば、福島と同じ大災害になってしまうでしょう。死ななくてもいい方が亡くなってしまうわけで、何もやらずに『安全だ、安全だ』というのはおかしいだろうということは強く言いたい」

「タコツボ型理系人間」と「科学技術盲信の文系バカ」の最悪コンビが原発再稼働を進める恐ろしさ!

 安倍政権お勧めの映画『シン・ゴジラ』では、放射能を発するゴジラ凍結作戦に参加する「決死隊」が結成され、放射能被曝のリスクを抱えながらも、作戦成功を果たすが、現実の世界では“決死隊”のような避難用バス運転手の確保が全く進んでいないのだ。

 安倍首相や石破茂・元防衛大臣ら自民党国会議員は、『シン・ゴジラ』を称賛する暇があったら、国交省所管の旅客運送法改正や「決死隊」的運転手への特別手当支給関連法に未着手な自らの職務怠慢を恥じるべきである。

 中越沖地震による柏崎刈羽原発火災事故に対処した知事時代(2005年10月~12年10月)の実体験が凝縮された「泉田原子力防災論」は、安倍政権の無責任体制を浮彫りにしていく。こんな恐るべき光景が目の前に浮かんでくるのだ。

 <北朝鮮の脅威増大(=原発攻撃のリスク増大)する中、原発の安全性を主に技術面から審査せず、避難計画や原発テロやミサイル着弾には目を向けない、「タコツボ型理系人間」の田中俊一・委員長が「お墨付き」を出し、それを根拠に「科学技術盲信の文系バカ」の安倍総理が原発再稼働を進めていく>

 科学万能主義に毒された「文系バカ」の安倍総理と、視野狭窄症気味の「専門バカ」(典型的理系人間)の田中俊一委員長の間に、原子力防災の大きな「穴」(絵に描いた餅の避難計画と不十分な原発攻撃対策)が開いているということである。

立候補の要因のひとつは米山知事!? 泉田氏「米山知事は立身出世ばかり考えている。『泉田路線』を継承していない」!

 第二部の懇談会でマイクを握った泉田氏は、米山隆一・新潟県知事にも批判の矛先を向けた。「立身出世ばかり考えているのではないか」と疑問呈示をした上で、泉田路線継承をしていないと指摘。これも補選出馬の一因と説明していったのだ。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページよりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です