せんそう 次の世代にどう伝える?~ヒロシマの被爆者が語る(京都市) ―講師 米澤鐡志氏 2017.8.4

記事公開日:2017.8.4取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年8月4日(金)18時半頃より、ひと・まち交流館京都(京都市下京区)において講演会「せんそう 次の世代にどう伝える?~ヒロシマの被爆者が語る」が開かれ、広島で市電乗車中に被爆した米澤鐡志氏がその体験を語った。原爆と原発を考える京都市民の会の主催。

■全編動画

1分〜 米澤氏/1時間34分〜 質疑応答
  • 講演 米澤鐡志氏(宇治市在住、広島原爆被爆者)
  • タイトル せんそう 次の世代にどう伝える?~ヒロシマの被爆者が語る ―講師 米澤鐡志氏
  • 日時 2017年8月4日(金)18:30頃〜20:30
  • 場所 ひと・まち交流館 京都(京都市下京区)
  • 主催 原爆と原発を考える京都市民の会(詳細、Facebook)

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です