国連特別報告者カナタチ氏が「共謀罪」の問題点を指摘!「非常に特異なやり方が取られている!」――いわゆる共謀罪に関する法案に反対する国際シンポジウム 2017.6.9

記事公開日:2017.6.11取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年6月9日(金)東京都千代田区の弁護士会館に於いて、日弁連が主催する「いわゆる共謀罪に関する法案に反対する国際シンポジウム」が行われた。

 会場のスクリーンには、安倍総理に対して共謀罪法案に懸念を示す書簡を送付した国連人権理事会特別報告者のジョセフ・カナタチ氏がスカイプ中継で登場し、「共謀罪」と日本政府の対応の問題点を詳しく解説した。

 カナタチ氏は日本政府が強引に成立を進める「共謀罪」について、人権やプライバシー権の保護規定がないなど多くの問題点をあげ、日本政府が提出している「共謀罪」を「鞍や手綱などの安全器具を付けずに馬に乗るようなもの」と例えた上で、「落馬して怪我をする危険を友人(日本人)に警告する義務を感じた」と述べた。

 最後にカナタチ氏は日本の人々に向けて「まだこれ(共謀罪の成立)は始まったばかりです」「日本の人々は自らどのようにありたいかを決める権利がある」とメッセージを送り、「日本の社会をより健全な社会にしていくお手伝いができればと思っています」と日本に対する特別な思いを語った。

■ハイライト

  • スカイプ中継 ジョセフ・カナタチ (Joseph Cannataci) 氏(国連人権理事会特別報告者、マルタ大学教授)
  • 国際人権法学者による基調講演
  • タイトル いわゆる共謀罪に関する法案に反対する国際シンポジウム ―国連人権理事会特別報告者ジョセフ・カナタチ氏によるスカイプ解説ほか
  • 日時 2017年6月9日(金)18:00~20:00
  • 場所 弁護士会館クレオ(東京都千代田区
  • 主催 日本弁護士連合会詳細

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です