立憲デモクラシーの会シンポジウム「『共謀罪』を考える 自由を守るために私たちは何をすべきか」―登壇者:高山佳奈子氏(京都大学、刑事法学)、長谷部恭男氏(早稲田大学、憲法学)、梅森直之氏(早稲田大学、日本政治思想史) 2017.5.16

記事公開日:2017.6.26取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年5月16日(火) 18時30分より、東京都文京区の文京シビックセンターにて、立憲デモクラシーの会シンポジウム「『共謀罪』を考える 自由を守るために私たちは何をすべきか」が開催された。

■ハイライト

  • 司会 山口二郎(共同代表、法政大学、政治学)
  • 登壇者 高山佳奈子氏(京都大学、刑事法学)、長谷部恭男氏(早稲田大学、憲法学)、梅森直之(早稲田大学、日本政治思想史)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です