小口幸人弁護士が沖縄の抗議行動を例に共謀罪の問題点を解説!「現場にいない人も簡単にしょっぴく(捕まえる)には共謀罪が便利」――共謀罪を考える超党派の議員と市民の勉強会第5回 2017.4.26

記事公開日:2017.4.29取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年4月26日(水)、東京都千代田区の参議院議員会館にて、第5回目となる共謀罪を考える超党派の議員と市民の勉強会が開催された。

 「自由を守る若手弁護士の会」の久保木太一弁護士による「共謀罪で、あなたも私も狙い撃ち!?」と題するプレゼンテーション、沖縄から駆けつけた小口幸人弁護士による講演「沖縄から見た共謀罪」ほか、国会議員による報告が行われた。

■ハイライト

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


“小口幸人弁護士が沖縄の抗議行動を例に共謀罪の問題点を解説!「現場にいない人も簡単にしょっぴく(捕まえる)には共謀罪が便利」――共謀罪を考える超党派の議員と市民の勉強会第5回” への 1 件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    小口幸人弁護士が沖縄の抗議行動を例に共謀罪の問題点を解説! http://iwj.co.jp/wj/open/archives/375646 … @iwakamiyasumi
    共謀罪が成立したらどうなるかを知りたければ、小口弁護士の話を聞けばいい。沖縄では全ての悪法が先取りされているのだ。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/858240579729149953

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です