「南スーダン地元メディアは、自衛隊を武力行使任務を負う部隊と同等に報じている」「状況は一気に瓦解しうる」南スーダンの生々しい現状報告を受けて「胸がつぶれそう」と自衛官母の想い 2017.2.17

記事公開日:2017.2.26取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年2月17日(金)11時30分より、東京都千代田区の衆議院第一議員会館にて、南スーダン・PKO自衛隊派遣即時撤退を求める院内集会が行われた。

■ハイライト

  • ゲストスピーカー 平和子氏(自衛隊南スーダンPKO派遣差止等訴訟・原告)/佐藤博文氏(自衛隊南スーダンPKO派遣差止等訴訟・弁護団)/谷山博史氏(日本国際ボランティアセンター〔JVC〕代表理事)
  • タイトル 南スーダン・PKO自衛隊派遣即時撤退を求める院内集会 ―自衛官の母 差止訴訟原告の訴えと南スーダンの現状―
  • 日時 2017年2月17日(金)11:30〜13:00
  • 場所 衆議院第一議員会館(東京都千代田区
  • 主催 改憲問題対策法律家6団体連絡会

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です