被爆二世の健康実態調査報告と原発事故被災者の健康を考える学習講演会 福島の被曝、そして広島・長崎の被爆の重ね合わさるもの ―三田茂医師、守田敏也氏 2016.11.27

記事公開日:2016.11.27取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年11月27日(日)13時半より、京都「被爆2世・3世の会」が主催して「被爆二世の健康実態調査報告と原発事故被災者の健康を考える学習講演会―福島の被曝、そして広島・長崎の被爆の重ね合わさるもの」がラボール京都(京都市中京区)で開かれた。福島原発事故後、東京から岡山へ移り住んだ医師の三田茂氏とフリーライターの守田敏也氏が講演・トークを行った。

■ハイライト

  • 挨拶 平信行氏(京都「被爆2世・3世の会」)
  • 話 三田茂氏(医師)
  • トーク 三田茂氏×守田敏也氏(フリーライター)
  • タイトル 被爆二世の健康実態調査報告と原発事故被災者の健康を考える学習講演会 福島の被曝、そして広島・長崎の被爆の重ね合わさるもの ―三田茂医師、フリーライター・守田敏也氏
  • 日時 2016年11月27日(日)13:30〜16:30
  • 場所 ラボール京都(京都市中京区)
  • 主催 京都「被爆2世・3世の会」告知、Facebook)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です