「民主主義の基本は情報公開だ」――生活の党の山本太郎代表が渋谷ハチ公前で街頭演説型記者会見、”黒塗り”TPP文書に「これでどうやってTPPがオッケーということになるのか」 2016.10.7

記事公開日:2016.10.10取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材:川島安乃、文:須原拓磨)

※会員の方は全編動画をご覧いただけます。ぜひ会員登録して全編をご覧ください。
会員登録はこちらから

特集 TPP問題

 「来年の初めに選挙があるかもしれない。それまでに、みんなの政治へのアンテナをちょっとでも敏感にしてほしい。ちょっとでも『おかしい』と思えるような感度をあげてもらいたい」――。

 2016年10月7日(金)18時から、渋谷ハチ公前で、生活の党と山本太郎となかまたちの共同代表・山本太郎参院議員が「街頭演説型記者会見」を行った。この「街頭演説型記者会見」は、街を歩く市民が山本議員に質問をぶつけ、山本議員がそれに答えていくというもの。三連休前の金曜日のこの日は、約40名ほどの聴衆が集まった。

■ハイライト

  • タイトル 生活の党と山本太郎となかまたち街頭演説型記者会見 ―会見者 山本太郎代表
  • 日時 2016年10月7日(金)18:00〜
  • 場所 渋谷駅ハチ公前(東京都渋谷区)

 冒頭、山本議員は「政治は、皆さんの声を拾ってナンボ、皆さんの素朴な疑問に答えてナンボ、だと思いますので、政治に興味がある方でも、ない方でも、自由にご発言をしていただきたい」と述べ、この「街頭演説型記者会見」の趣旨を説明。市民からは、野党共闘の展望や三宅洋平氏と安倍総理の夫人・安倍昭恵氏の高江訪問に対する山本議員の考え、介護保険制度改正に関する疑問など、多岐にわたる質問が山本議員へ投げかけられた。

 なかでもTPPに関して山本議員は、日米間の交渉内容について、野党側が要求して出されたTPP文書がほとんど「黒塗り」であったことを紹介し、民主主義にとっての情報の必要性を強く訴えた。「民主主義の基本は情報公開だ。けれども、『全て秘密だ』っていう話なんですよ。国会議員でさえも、その内容は隅々までわからない。これでどうやってTPPがOKということになるのか」と主張した。

 さらにこの記者会見では、「山本太郎となかまたち」が2016年10月1日に発行し、TPPの問題点を指摘した「永田町恐怖新聞 vol.3」と題する小冊子が配布された。

▲会見で配布された、「永田町恐怖新聞 vol.3」と題する小冊子
▲会見で配布された、「永田町恐怖新聞 vol.3」と題する小冊子

 会見後、IWJは山本議員へインタビュー。山本議員は、「来年の初めに選挙があるかもしれない。それまでに、みんなの政治へのアンテナをちょっとでも敏感にしてほしい。ちょっとでも『おかしい』と思えるような感度をあげてもらいたい」と訴えた。

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です