公開シンポジウム「東アジア共同体と沖縄の未来」―登壇 鳩山友紀夫・元内閣総理大臣、大田昌秀・元沖縄県知事ほか 2016.9.11

記事公開日:2016.9.15取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会の発足にあたり、2016年9月11日(日)13時30分より沖縄県西原町にある琉球大学において公開シンポジウム「東アジア共同体と沖縄の未来」が開催された。主催名誉顧問の鳩山友紀夫元首相、大田昌秀・元沖縄県知事の挨拶に続いて、琉球大学・島袋純教授の基調報告、4人の研究者らの個別報告などが行われた。

■全編動画

0分〜 開会/6分〜 鳩山氏挨拶/25分〜 大田氏挨拶/37分〜 島袋氏基調報告/1時間12分〜 仲地氏報告/1時間30分〜 石原氏報告/1時間48分〜 玉城氏報告/2時間3分〜 木村氏報告/2時間24分〜 山口氏
  • 司会 高良鉄美氏(琉球大学教授)
  • 顧問挨拶 鳩山友紀夫氏(元内閣総理大臣、東アジア共同体研究所理事長)「沖縄を軍事の要石から平和の要石へ」/大田昌秀氏(元沖縄県知事)「『東アジア共同体』形成の前提」
  • 基調報告 島袋純氏(琉球大学教授)「沖縄と『地域から成る東アジア』 ―スコットランドと欧州統合からの示唆」
  • 個別報告 仲地博氏(沖縄大学学長)「沖縄構想の来し方と現在」/石原昌家氏(沖縄国際大学名誉教授)「東アジア共同体の構築を考えるうえでの一つの提案 ―中国が『うやふぁーふじ(先祖)』の久米村人(くにんだんちゅ)の存在」/玉城愛氏(名桜大学、元SEALDs RYUKYU)「社会構造の中の沖縄認識と東アジア」/木村朗氏(鹿児島大学教授)「鳩山政権崩壊と東アジア共同体構想 ―新しいアジア外交と安保・基地政策を中心に」
  • 討論 山口泉氏(作家)(※このあと行われたフロアからの質疑・討論は録画に含まれません)
  • タイトル 公開シンポジウム「東アジア共同体と沖縄の未来」―登壇 鳩山友紀夫・元内閣総理大臣、大田昌秀・元沖縄県知事ほか
  • 日時 2016年年9月11日(日)13:30~
  • 場所 琉球大学(沖縄県西原町)
  • 主催 東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です