【東京都知事選】「ドタキャン」「病み上がり」「築地は?」…小池百合子候補が繰り出す「的外れ」な鳥越批判の数々! 2016.7.19

記事公開日:2016.7.20取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(記事:佐々木隼也・岩上安身)

※7月20日テキストをUPしました!

 東京都知事選(7月31日投開票)は前半戦がはじまり、候補者からは対立する候補者への批判も飛び出している。選挙戦である以上、別の候補者の政策や発言、政治姿勢について批判するのは至極当然だ。しかし、それが「単なるイチャモン」や「的外れ」なものであれば、話は別だ。

 その悪例が、与党側候補から飛び出した。野党統一候補・鳥越俊太郎氏への「番組討論会のドタキャン疑惑」である。

 それは、自民党・増田寛也候補の以下のツイートが発端だった。

▲7月16日の増田寛也氏のツイート

▲7月16日の増田寛也氏のツイート

 これに、自民党・小池百合子氏も便乗。17日の東京・WINS後楽園近くでの街宣で「その方(鳥越氏)が出席しないことになって、企画が流れてしまった。“逃げ馬”としか言いようがない」などと非難した。

160719_319088_02

▲小池百合子氏

 これにネット上では、「敵前逃亡か!」などの声が相次ぎ、それを産経新聞が「鳥越俊太郎氏が討論番組を“ドタキャン”小池百合子氏『逃げ馬』と非難、増田寛也氏ツイッターで暴露」などと見出しを付けて嬉々として報じた。

 この「ドタキャン疑惑」について、IWJは鳥越氏の選挙事務所に取材した。担当者は、「討論企画の話があった時点で、先に日程が決まっていたため、断った。直前でキャンセルしたなどというのはまったくの誤報だ」と答えた。

 そのうえで、「鳥越氏は、(日程の都合もあるが)討論会などは積極的に出たいという姿勢だ」と付け加えた。

 さらに、IWJ代表の岩上安身も独自に鳥越氏ご本人に取材。鳥越氏は、「もともと家族の用事が入っていて、この日の午前中は無理、というそれだけの話ですよ。討論会を欠席するとか、そんな大げさな話ではない」と一笑に付した。

 また「右傾化したフジテレビを避けた」、というネット上の批判も的外れで、「明日(19日)にはフジテレビのバイキングで討論会が行われるので出ます」と語った。

▲鳥越俊太郎氏

▲鳥越俊太郎氏

 増田氏、小池氏にも「バイキング」からの出演依頼は来ていたはずだ。19日の討論会は行われることが分かっていたにも関わらず、なぜ「鳥越氏は逃げた」などとツイッターで大げさに発言したのだろうか。批判というには、あまりにお粗末で陳腐な罵倒ではないか。

160719_319088_01t

160719_319088_02t

160719_319088_03t

小池氏「築地問題など宇都宮氏の公約を鳥越氏は盛り込まないのか?」…しかし小池氏の公約にも記載なし!

 さらに、この19日の「バイキング」での討論会でも、小池氏の「的外れ」な鳥越批判は繰り返された。

 質問を投げ合うコーナーで小池氏は、告示直前に出馬を取り下げた宇都宮健児氏について「宇都宮さんは都民目線で、いいことをおっしゃっている」と評価。そのうえで、「鳥越さんの公約を見ると、宇都宮さんがおっしゃっていたことがあまり盛り込まれていない。宇都宮さんがかわいそう。なかでも築地市場の移転問題」と投げかけたのだ。

 ちょっと待って欲しい!小池氏が「都民目線」で「いいことをおっしゃっている」とべた褒めする「築地移転問題」だが、小池氏の公約のどこを見ても、築地の「つ」の字も出てこない。自身も公約に盛り込んでいない問題を、なぜ鳥越氏に対して「公約に盛り込んでいないのはおかしい」などと、どの口で問えるのか!?

 さらに「宇都宮さんがかわいそう」と、視聴者の感情に訴えるような口調は、あざとすぎて失笑するレベルを超え、鳥肌が立つほど寒気をもよおすものだった。

▲小池百合子氏のホームページ

▲小池百合子氏のHP

 確かに鳥越氏が15日に発表した公約には、宇都宮氏が二度にわたる会談で鳥越氏に念押しした「築地市場移転(豊洲新市場土壌汚染)問題」も、「横田基地のオスプレイ配備問題」も、「外環道建設問題」も盛り込まれていない。これは支持する政党や団体がさまざまで、「宇都宮氏の政策を受け入れる」と明言した鳥越氏も、あれこれの妥協を迫られたのであろうと推察はつく。

 しかし、小池氏の問いかけに対して、鳥越氏はその場で以下のように答えた。

 「(豊洲新市場の)土壌汚染の問題があります。仲買人のかなりの人が反対していて、11月、12月と市場が忙しくなる時に移転するのはどうなのか、という声もある。私が知事になったら、本当に土壌汚染があるのかどうか確かめて、仲買人の人たちに耳を傾け、本当に問題があるんだったら、前に進められない。中断もあり得る。先延ばしもあり得ると思っています。じっくり話を聞いた上での判断になります」

 はっきりと、「土壌汚染の有無を確かめる」「中断もあり得る」とテレビを通して有権者に約束したのである。翻って、小池氏は築地問題について自らはどう考えているのか。問いかけを行っておきながら、自身の考えについては一切述べることはなかった。

 「宇都宮さんはいいことをおっしゃる」も「宇都宮さんがかわいそう」という言葉も、ただただ鳥越氏をふり回し、かき乱すためだけに発せられた、実のない言葉であることが浮き彫りとなった。小池氏の言葉からは、鳥越氏のイメージダウンをはかるだけではなく、宇都宮支持者の無念な気持ちにつけこんで、その票を得ようという計算が透けて見える。

 現在、ネット上では宇都宮シンパになりすましたアカウントが、鳥越氏ではなく小池氏に投票しようと誘導する動きを見せている。こうした動きをどれだけ意識しているのかはわからないが、呼応する発言であると言えるであろう。

「がんサバイバー」への差別発言を無かったことにし、一転謝罪し、と思ったら開き直る小池氏の「本性」

 さらに番組で小池氏は、耳を疑うような「差別発言」と「開き直り」もお茶の間に披露した。

 小池氏は17日に秋葉原駅前で行った街宣で、鳥越氏について「政策も何もない人、病み上がりの人をただ連れてくればいいというものではないんです」と極めて差別的な発言していた。

 この件を番組内で取り上げられた小池氏は当初、笑いながら「言っていない、記憶にないです」などと発言自体を否定。しかし鳥越氏に「がんサバイバーに対する大変な差別、偏見だ」と抗議を受けると一転、「もし言っていたならば、失礼なことを申し上げて恐縮です」と謝罪した。

 自身の差別発言についてしらばっくれる態度は問題だが、その後発言を認めて謝罪したことで、自身のイメージダウンを最小限に抑えたともいえる。スピーディで見事なダメージコントロールのように思われた。しかし、この後が最悪だった。

 なんと小池氏は直後に、司会の坂上忍氏に向かって「これが選挙なんですよ、坂上さん」などと述べ、開き直ったのだ。

 いくら選挙といえど、相手候補の過去の病歴をあげつらって持ち出し、選挙戦を有利に運ぶための材料にするという行為は、許されることではない。アンフェアで低次元な中傷に等しく、鳥越氏のみならず、がん患者とがんのサバイバーの方々への差別的発言でもある。

 小池氏の「病み上がりの人」という発言は、日本テレビ「news every」の中で実際に報じられ、その画像・動画はTwitter上でも出回っている。

160719_319088_04t

※動画URL http://youtu.be/XYP4Lao5bWc (YouTubeより)

 小池氏の発言は、がん患者および「がんサバイバー」に対する侮辱であり、再起しようとする人々の希望を打ち砕くような発言でもある。小池氏自身、子宮筋腫という大病を患い、子宮全摘手術という大手術を乗り越えてきた「サバイバー」である。その苦しみと闘病記を自ら筆をとって著してもいる。

 大病をした人間の痛みを誰よりもわかるはずの人が、こうした心ない言葉を発するというのは、残念という他はない。政治家以前に、人としてどうなのか、という疑問がわいてくる。ある意味で、おそろしさすら感じる。

 「選挙は汚い中傷をしても許される」というのが小池氏自身の本音である。その本音までご丁寧にテレビで自分の口で喋ってしまっている。そういう人物を、有権者は受け入れるのだろうか。東京都民の民度も問われている。

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です