脱原発基本法案 今国会への提出が決定についての記者会見 2012.9.7

記事公開日:2012.9.7取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJテキストスタッフ・白藤)

 2012年9月7日(金)、衆議院第二議員会館で、「脱原発基本法案 今国会への提出が決定についての記者会見」が行われた。

■ハイライト

  • 内容 脱原発基本法案の提出の報告
  • 出席者
    大江健三郎氏、河合弘之氏、鎌田慧氏、海渡雄一氏、伴英幸氏、木村結氏、
    他 代表世話人、提出議員、賛同議員
  • 日時 2012年9月7日(金)
  • 場所 衆議院第二議員会館(東京都千代田区)

 作家の大江健三郎氏、弁護士の河合弘之・宇都宮健児両氏、ルポライターの鎌田慧氏、原子力資料情報室共同代表の伴英幸氏らで組織する市民団体「脱原発法制定全国ネットワーク」は、103名の賛同議員(衆議院79名・参議院24名)を通じて、脱原発基本法案を今国会へ提出した。記者会見の冒頭、河合弘之弁護士は、「脱原発の歴史的な高まりを背景に、法を成立させて固定化し、脱原発の推進を、後戻りできないものにしていく。今日は、国策として脱原発に取り組んでいく歴史的な出発点となった。この法案に賛成するか、反対するかが、議員にとって、次の選挙の決定的なリトマス試験紙にもなる」と述べた。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です