鈴木元さんと津田敏秀さんに聞く「どうみる?甲状腺がん 講演と討論」 2016.3.27

記事公開日:2016.3.27取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年3月27日(日)13時より、栃木県大田原市の大田原市総合文化会館で鈴木元・国際医療福祉大学教授と津田敏秀・岡山大学教授を講師に招いて「311『つながる、つたえる、そして未来へ』集い『どうみる?甲状腺がん 講演と討論』」が開かれた。

 福島県民健康調査で明らかとなった甲状腺がんの多発が意味するものについて異なる見解を持つ両氏が講演と討論を行った。

■Ustream録画(再配信映像)
・1/2(3時間0分)

1分〜 開会・田代氏挨拶/6分〜 西川氏報告(栃木県の放射能汚染状況)/16分〜 鈴木氏講演/1時間12分〜 津田氏講演/2時間9分〜 質疑・討論

・2/2(15分間)

  • 開会挨拶 田代真人氏(主催実行委員長)
  • 報告 西川峰城氏(主催実行委員)「栃木県の放射能汚染状況」
  • 講演 司会 白石草氏(一橋大学大学院地球社会研究科客員准教授)
    • 鈴木元氏(国際医療福祉大学大学院教授)
    • 津田敏秀氏(岡山大学大学院環境学研究科教授)
  • 質疑・討論

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です