菅直人元内閣総理大臣による安倍総理の名誉棄損訴訟判決に関する記者会見―質疑応答部分― 2015.12.3

記事公開日:2015.12.3取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2015年12月3日(木)、衆議院第一議員会館で行われた、菅直人元内閣総理大臣による安倍総理の名誉棄損訴訟判決に関する記者会見の、質疑応答部分の模様。

■全編動画

  • 日時 2015年12月3日(木)16:00~
  • 場所 衆議院第一議員会館 第3会議室(東京都千代田区)

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事


“菅直人元内閣総理大臣による安倍総理の名誉棄損訴訟判決に関する記者会見―質疑応答部分―” への 2 件のフィードバック

  1. あのねあのね より:

     この政権におもねった判決は何なんだ、裁判所が異常な事態になっている証拠じゃないか。こんな判決を出したことで国会で不信任案が提出されてしまったり、国益を考えずに党益のみを考える自民党の異常な行動を助長するだけじゃないか。
     党益のみを考える自民党の異常な行動は震災のちょうど一週間後にもあった。安倍晋三の家庭教師であった平沢勝栄議員は、金曜日のラジオの番組中に日銀が資金を供給しないのは民主党が悪いのだと語った。3月11日のちょうど一週間後で、地震が有ったのもその前の週の番組放送中であった。平沢勝栄議員はこういう意味のことを言った。「日銀が緊急事態なのに資金を供給しないのは民主党が悪いのだ。」だと。しかし、実はそのとき既に日銀が緊急に資金を100億円以上供給すると云うニュースがネットのニュースヘッドラインで流れていたのである。番組に対してリスナーから日銀資金供給に関する質問が有り、番組内で読み上げられると平沢氏は無言になった。平気で嘘を言ったが事実を突きつけられてまいったのである。日銀と云うのは政権から影響を受けないことが法律で決まっている。そもそも首相の命令の指揮下にはないのだ。安倍の周辺はデマを平気で流すこんないかがわしい人物ばかりなのだ。
     この出来事が有った番組はもと元々故ミッキー安川がやっていた番組で、現在は息子のマット安川が継いでいる。この番組は昼間だが、故ミッキー安川が深夜にやっていた番組内で君が代を流したときに起立しなかったというのが平沢が国会で菅直人を“攻撃”したときのネタである。現在は昼間の番組は安倍晋三ヨイショの方針がつらぬかれている番組と成っている。
     裁判所まで掌握している安倍晋三一味の勢力を削がないと今後日本人の大多数はもっと不幸になるだろう。もう、いい加減にしてもらいたいと云うのが私の切なる願いである。
     

  2. 横山 太一郎 より:

    リテラ > 社会 > 政治 > 安倍VS菅の名誉毀損裁判で不当判決
    安倍首相がデマ拡散、菅直人に訴えられた名誉毀損裁判で不当判決! 抗議の意味を込め安倍の捏造歴を暴露する!
    http://lite-ra.com/2015/12/post-1745.html

    恥を知らない安倍独裁政権 詐欺師と同じで嘘でもなんでも平気に言う。
    日本の情けない首相。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です